2017年3月24日 (金)

早川 英里 (TOTO陸上競技部)より退部のお知らせ

 TOTO陸上競技部所属の早川英里より応援して下さった皆さまにメッセージを預かりましたので、こちらに掲載させて頂きます。なお専任コーチとして5年間にわたり、私も早川英里の指導に携わってまいりましたが、3月末をもちまして契約終了となります。TOTO陸上部での指導経験を今後さらに活かしていきたいと思います。この5年間、陸上競技関係者をはじめとする多くの皆様にお世話になりました。心より厚く御礼申し上げます。                     山本光宏

~早川英里選手からのメッセージ~

こんにちは。TOTO陸上部の早川英里です。直接ご挨拶できない方々に、一言お礼をお伝えしたく、この場をお借りしました。
21才の時に挑戦した初マラソンから15年、これまで計24回マラソンを走りました。今日まで競技を続けてこられたのは、いろいろと応援し続けてくださった皆様のお陰です。悔いを残すことなく、実業団選手としての生活を終えることができ、幸せな事だと思っています。最後まで応援、期待していただきありがとうございました‼   
このあとはTOTO株式会社の社員として都内の事業所に勤務する予定です。しばらくは仕事が中心になると思いますが、走ることが好きなので継続していくつもりです。             2017年3月 早川英里

Tg5 Tg1

| | コメント (0)
|

2014年11月 2日 (日)

報告会 ~アジア大会・女子マラソン~

第17回アジア競技大会の女子マラソンが終了してちょうど1ヶ月が過ぎましたが、きょう都内のホテルにて早川英里選手(TOTO)の第17回アジア競技大会報告会を行いました。

この報告会にはJOC理事をはじめ、日頃からお世話になっている方々やご協力、応援して下さっている方々、早川選手と親しいお仲間にもお集まりいただきました。

 私が早川選手の指導に携わるようになってからの期間を振り返ると、今回のアジア大会に「日本代表」として出場する機会に恵まれたことは、早川選手自身の努力は勿論のこと、多くの方々の応援や支えがあったからこそと、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は祝勝会にできず残念ですが、次の目標に向けて素晴らしいキックオフ報告会となりました。お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

1411024 14110271411021 14110251411023_2 1411029 1411029_2 1411022

| | コメント (0)
|

2014年10月26日 (日)

実業団女子駅伝 西日本大会

 12月開催の全日本実業団女子駅伝への出場権獲得を兼ねた実業団女子駅伝西日本大会が、福岡県の宗像市・福津市エリアで行われました。最終結果は12チーム中8位でしたが、全日本実業団女子駅伝への出場権を得ることができました。

強豪実業団チームがエントリーする中で、TOTO陸上競技部チームも4区までは4位で通過するなど森政監督新体制でのチーム力、選手個人の競技力向上が確認できました。とはいえ6区間に対して選手6人というギリギの状況ですので、体調が整っていない選手にとっては相当に厳しい状況での走りを強いるカタチとなりましたが、最後までよく「タスキ」をつないでくれたと思います。ちなみに早川英里選手は、3区10.2kmに出走して区間6位という成績でした。

12月の全日本実業団女子駅伝に向けても、気が抜けない厳しい状況は続きますが、さらにチーム力を上げて出走できるように練習に取り組みいと思います。

1410261 1410264 1410262 1410263

| | コメント (0)
|

2014年10月 2日 (木)

レース終了 アジア大会女子マラソン

 10月2日、早川英里選手(TOTO)のアジア大会・女子マラソンが終了しました。結果はメダルに一歩届かず、総合4位でした。

 アジア大会に向けては、大きな怪我もなく、練習やレース前の仕上がりも順調で、精神的にも充実してレースに臨むことができたと思います。またレース序盤のスローペースやその後の安定しないペースも、様々なレースパターンを想定していたので問題はなかったと思います。それでもレース前半に先頭集団から徐々に離れていってしまう想定外のレース展開に指導者である私が「なぜ?」と思うくらいですから、早川選手自身は「どうして?」と精神的にも相当厳しいものを感じながら走り続けたことでしょう。

 「緊張?プレッシャー?体調?」レース後に聞いても選手自身が理由を見いだせない前半からの遅れの中で、自分が思い描いていたレース展開と異なる状況の中で、早川選手は本当に粘り強く走りきったと思います。8位、9位あたりの後方集団から、「日本代表」という思いだけが早川選手の心を支え続け、あと僅かで表彰台に手が届く4位まで順位を上げることができました。

「表彰台は外さない」という大前提で、しっかり練習して臨んだアジア大会。(レース展開も含めて)精神的に厳しいレースを最後まで諦めずに走り抜いた先にこそ、次につながる何かを掴む、あるいは見出すことができると思います。早川選手にとって今回のアジア大会は、そういうレースになったと思います。あらためて筋書き通りにいかないのがスポーツの魅力であり、厳しさだとと実感しました。

 それでも、メダルを獲らせてあげたかった!表彰台に届かなかったのは、私の指導に何かが足りなかった結果だと思います。今回のレースをきちんと検証して、また次に進みたいと思います。

 最後になりますが、3月のアジア大会・日本代表に選出後からきょうのレース本番まで、本当に多くの皆様に支えて頂き、また応援して頂きました。そしていつものトライアスロン競技ではなく、陸上競技の日本代表選手団のスタッフ/関係者の皆様にも、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

1410021 141002_61410028_2 141002_41410025 1410024141002_5 1410026

| | コメント (2)
|

2014年9月30日 (火)

アジア大会に向けて⑦ レース目前

 仁川入り後、現在は10月2日の女子マラソンに向けて、最終調整に入っています。レース二日前のきょうは、MPC(メインプレスセンター)にてマラソン日本代表4選手の記者会見が行われました。

 MPC到着後、日本代表選手団・本部役員として広報を担当している(公社)日本トライアスロン連合の大塚専務理事に出迎ていただきました。トライアスロンの広報担当として解説や記者会見の司会などを務めている私にとっては、いつもの仲間に会えたような感じで、嬉しいサプライズでした。ちなみトライアスロンは今大会で金メダル3個を獲得しているので、その勢いをマラソンにつなげたいと思います。

さて記者会見の方ですが、4選手それぞれが目前に近づいたレースに向けての意気込みを力強くコメントしていました。初代表の早川英里選手もアジア大会への思いをきちんと伝えていました。明後日のレースでは、自信をもって積極的にレースをしてもらいたいと思います。

1410013 14100121410015 14100111410016 1410014



| | コメント (2)
|

2014年9月27日 (土)

アジア大会に向けて⑥ 仁川入り

 一昨日、小雨混じりの中での国内最後のポイント練習を終えて、本日よりアジア大会の開催地・仁川に入りました。

出発前には、空港までTOTO陸上部の前事務局長が見送りに来て下さるサプライズもあり、早川英里選手の表情にも笑みがこぼれていました。その後、日本代表選手団の他の選手・役員と共に、日本を後にして仁川に入りました。

今日の仁川は、日中の日差しが思っていたより強く、暑さを感じましたが、夕刻になると急に秋らしい涼しさを感じるそんな感じの天候です。仁川市街はアジア大会一色という雰囲気ではなく、日常的な風景の中に、チームジャージを着た各国の選手たちをチラホラ見かけるという感じです。それでも当然、選手村や競技会場周辺は、各国の選手団で湧きあがっています。

 仁川の宿泊施設に到着後、日本選手団をトータル的にサポートするマルチサポートハウスを訪れたのですが、そこで偶然にもトライアスロンの飯島監督、山根コーチ、山倉総務と会いました。いつもは同じサイドにいるのですが、今回はトライアスロンと陸上競技という別の立場で仁川入りしているので、何となく新鮮な感じです。

ちなみにトライアスロン競技では、女子個人、男子個人、男女混合リレーと3種目に出場し、3つの金メダルを獲得する活躍ぶりでした。この勢いのあるトライアスロン競技のコーチ陣からも、女子マラソンに向けて熱いメッセージをいただきました。レースまであと5日です。

 

1409272_2 1409276
1409271 1409275

| | コメント (0)
|

2014年9月21日 (日)

The day

 チームJ-BEATの練習会に久しぶりに顔をだしてきました。チームメンバーの皆さんも変わりなく、練習前のテンションも維持しているようで良かったです。菅谷&原口スタッフの指導のおかげです。2014年のトライアスロン・シーズンがあと僅かというのは、ちょっと寂しい気がします。

 ところで今日は私の誕生日で、FBでのメッセージも含めてたくさんのお祝いコメントを頂きました。ありがとうございます。厚生労働省の発表によると、今年は日本の100歳以上の高齢者が過去最多の5万8820人に上るようです。実際に数字をみると100歳以上が約6万人って凄いですね。そこに辿り着くまでに私はまだ49年もあります!!

1409211 1409212

| | コメント (0)
|

2014年9月20日 (土)

アジア大会に向けて⑤ アジア大会開幕

 きょうで第17回アジア競技大会に向けた早川英里選手(TOTO)の北海道・士別合宿が終了しました。スイス・サンモリッツ合宿に続き、今回の国内合宿も怪我や体調を大きく崩すことなく終えることができました。士別合宿ではランのスピード練習をメインにしつつ、ロードでのバイク練習やスイムでのキッキング、コアコンディショニング、筋力トレーニング等をタイミングをみながら取り入れました。この走ること以外のトレーニングが、早川選手の競技力アップにかなり役立っていますし、けがや故障が少なくなったことも大きな点です。

ところで今週行ったトラックでの5000m×3本。私は200m×30本のリピートで早川選手のペースをつくりました。練習に入る前に、偶然にも同じ練習メニューだったので、すでに来年の箱根駅伝シード権を獲得している某駅伝部の監督さんより「一緒に走りますか?」とお声掛けして頂きましたが、さすがに大学生とはいえ男子選手と一緒のペースは厳しいです。それでも4000mからのラスト1000mで追い越された際には、最後まで流れに乗らせていただき、良い刺激を頂きました。若い力に感謝です。

さて昨夜、アジア大会の開会式が韓国・仁川のメインスタジアムで行われました。我々も開会式の模様を夕食を摂りながらTVで観ていましたが、いよいよ本番という感じです。まだ国内に滞在していることもあり、アジア大会に向けてここから徐々に気持ちを高めていきたいと思います。

今回の合宿では、宿泊先の支配人や料理長をはじめとするスタッフの皆様とコンディショニングトレーナーにたいへんお世話になりました。心から感謝です。レースまであと12日、短くも長くも感じられる時期に入ってきました。

1409182 1409201
1409167 Atsg40_1
1409203 1409202

| | コメント (0)
|

2014年9月11日 (木)

アジア大会に向けて③ TOTO社内壮行会

  女子マラソンに出場する早川英里選手をはじめ、TOTOグループから日本代表としてアジア大会/アジア パラ大会に出場する3選手を激励するための社内壮行会が、東京の汐留事業所で行われました。喜多村社長、張本会長をはじめとする約200名の社員・関係者の皆様から激励の言葉や暖かい声援をいただき、3選手ともに決意をあらたにしていました。

早川選手の母校からは、チアリーダー部&応援部が激励に駆けつけるサプライズもあり、目頭を熱くするほど感激した様子でした。最後はそれぞれの選手が熱く抱負とアジア大会に向けての思いを語っていました。 その壮行会の模様がRKBニュースで放送されましたので、次のURLをご参照下さい。http://rkb.jp/news/news/22849/

1409114 14091181409119 14091151409111 1409112_21409116 1409113

| | コメント (0)
|

2014年9月10日 (水)

アジア大会に向けて② 国内合宿2

 

 サンポート高松トライアスロン終了後、すぐに北海道・士別合宿に戻っています。

同地で合宿中の日本陸連 男子マラソン ナショナルチームは報道関係への公開練習としてロード40km走を行ったようです。アジア大会日本代表の川内優輝選手(埼玉県庁)や箱根駅伝初代・山の神と言われた今井正人選手(トヨタ自動車九州)らが勢いのある走りを披露したようです。

こちらアジア大会を3週間後に控えた女子マラソン日本代表の早川英里選手(TOTO)の練習ですが、昨日9日はトラックでの5000m×3本のペース走、きょう10日は30km走を行いました。8月のスイス・サンモリッツ合宿での疲労もようやく抜けてきた感じで、走行中のリズムやバランスも整ってきています。

ちなみに9日のトラック練習では、早川選手の走行リズムを安定させるために、私もトータルで200m×30本を走りましたが、年齢のせいか練習不足か分りませんが、練習後はやくも筋肉痛です(笑)

1309082 1409083
1409093 1409098 1409102 1409101



| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧