« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

トライアスロン発祥地 サンディエゴ合宿

 It's SO CAL ! トライアスロン発祥地として有名なカリフォルニア州サンディエゴで行っている早川英里選手(TOTO)の合宿も約1週間が過ぎました。

私がトライアスリイートとして初めてサンディエゴ合宿を行ったのは、1986年2月~3月のこと。ちょうど大学を卒業する直前でした。米国内でもトライアスロンの黎明期にあり、米国内のみならず、世界中からトップトライアスリートがこのサンディエゴに集結し、合宿を行っていました。

80年代~90年代はトライアスリートの間で、高所トレーニングのコロラド州ボウルダーとトライアスロン発祥地であるこのサンディエゴが、練習拠点としての人気を二分していました。私はこのサンディエゴでの合宿が気に入っていました。練習環境の良さは勿論のこと、トレイルを快調に走っている時に香ってくるユーカリやセダー系の木々の匂いが与えてくれる何ともいえない爽快感も理由の一つです。今でも似た匂いをかぐと瞬時に当時の充実した練習を思い出します。

今回初めてサンディエゴで合宿を行っている早川選手、高所トレーニングではないこの合宿の感想はどうでしょうか。

1405294 14052961405287 140526

そして時間をつくっては、'80年代からの友人に挨拶を兼ねて会いに行ったりしています。日本初の51・5kmの大会として有名な天草国際トライアスロン大会の初期の運営アドバイザーとしてご尽力いただいたジム・カール氏、元チームアクエリアスのチームメイトで一緒に宮古島や琵琶湖でレースをしたポール・ハドル、ハドル氏の奥様でアイアンマン・ハワイで8度の女子優勝を飾っているポーラ・ニュービーフレーザーetc。すでに30年近い付き合いなので、話題には事欠きません。

1405298 140525

| | コメント (0)
|

2014年5月18日 (日)

九州実業団選手権&WTS横浜大会エイジ部門

 2014世界トライアスロンシリーズ横浜大会のエリートレースが行われた翌日は、一般のエイジグループのレースが行われました。海外からのエイジ選手も含めて総勢1500名がエントリー。人気マラソン大会同様にフィニッシュするより出場する方が困難という都市型のメガ大会です。チームJ-BEATからも選手&応援隊がメイン会場の山下公園に集結し、レースを楽しんでいました。

両日とも大会ボランティアや地元の子供たちが大会を支え、盛り上げてくれました。大会関係者・スタッフも含めて、皆様お疲れさまでした。また会場MCチーム(ダンさん、松山さん、楠さん、江口さん)の皆さん、ありがとうございました。

一方、私がWTS横浜大会の広報担当として4日間の業務にあたっている関係で帯同しませんでしたが、九州実業団選手権・5000mに出場した早川英里選手(TOTO)は、16分10秒で総合4位という記録でした。

昨年同様に先頭を行くケニア勢から序盤に離されてしまったようです。普段あまりトラック練習を行わず、単独走が中心のため、スタート直後のポジション取りなどに慣れていないので、トラックで競うためには、そういうスキルが必要と感じました。

1405184 1405185

1405183 1405181 1405182 1405186

| | コメント (0)
|

2014年5月17日 (土)

上田藍 銀メダル表彰台 ~WTS横浜大会~

 世界トライアスロンシリーズ第3戦・横浜大会。エリート女子の優勝は昨年に続き、グウェン・ジョーゲンセン(USA)が2連覇を達成しました。そして日本の上田藍選手が、WTS日本人初となる準優勝、表彰台に上がりました。

男子はロンドンオリンピック・銀メダリストのハビエル・ゴメス(ESP)が優勝、同じくロンドンオリンピックで金/銅メダルを獲得したブラウンリー兄弟は4位、5位と表彰台を逃しました。日本の田山寛豪選手は大健闘の8位入賞となりました。こちら大会を盛り上げるMC解説陣にとっても、素晴らしいレースに興奮しながらの実況となりました。

1405171 1405172

1405173 1405174

1405176 1405175

| | コメント (0)
|

2014年5月16日 (金)

世界トライアスロンシリーズ 横浜大会前日

 明日5月17日(土)に開催されるWTS横浜大会に向けて、エリート選手のみならず、大会関係者それぞれが最終の準備に。

明日の世界パラトライアスロン&エリートのレースでは、会場MCを担当するので進行&音声の最終チェック。明日は、このメンバーでレースを盛り上げていきます。NHK/BS1ライブ中継の女子エリート解説はシドニー&アテネ五輪日本代表の関根明子さんが担当します。

1405162 1405163

1405161 1405164

| | コメント (0)
|

2014年5月15日 (木)

WTS横浜&九州実業団陸上

 専任コーチとして指導する早川英里選手(TOTO)は、今週末開催の九州実業団陸上に参加するため、九州へ。

早川選手は3000m×1+400m×5の調整ポイント練習を行い、日曜日のトラックレースに備えます。

私は同じく今週末に開催される2014 ITU世界トライアスロンシリーズ第3戦・横浜大会の広報担当として横浜へ。

今日の午後からは横浜にて、トライアスロンの広報担当として現場復帰!まずは世界/日本代表の記者会見&ウエルカムパーティーの進行役から。今週末は、忙しくなりそうです。

1405141_2 1405143_2

1405154_2 1405155_2

1405151_2 1405158_4

| | コメント (0)
|

2014年5月11日 (日)

早川英里選手も参加 J-BEAT練習会報告

 今日の練習会は、多摩丘陵でのトレイル・ランを行いました。今秋のアジア大会/女子マラソンに出場する早川英里選手(TOTO)が、昨日のロングライドに続いて今日もチームJ-BEATメンバーといっしょに練習しました。

気温がグ~ンと上がったので、涼しい木立の合間を縫うように走るのは、ヒンヤリ感もありとても気持ちよかったのです。しかし!数日前のトレランで私は2度もヘビに遭遇して狂いそうになったので、今回は後方で慎重に走りました。

1405111 1405118 1405117_2 1405113

この4日間の早川選手の練習をみると、クロカン走→トラック・ポイント練習→ロングライド145km→クロカン走と積極的に練習に取り組んでいます。

1405081 1405105_3 1405106_2 1405108_3

| | コメント (0)
|

2014年5月10日 (土)

J-BEAT練習会報告

今日のJ-BEAT練習会は、標高1000mの奥多摩檜原村にある都民の森までの約120kmのロングライドでした。

折り返し地点となる都民の森までの約20kmの「登り基調」の区間は、急勾配の坂もあり、久しぶりに「登った~」と感じるタフな練習でした。

我々のチーム以外にも多くのサイクリストやトライアスリートが、このタフな上り坂にチャレンジしていまし。チームの仲間と走るからこその楽しくハードな練習でした。

1405102 1405103

1405102_2 1405103_2

| | コメント (0)
|

2014年5月 4日 (日)

J-BEAT練習会 坂/酒三昧

今日のチームJ-BEATのテーマは、「坂/酒三昧」。

午前中のバイク&ランの練習は、登坂練習が中心となりました。バイクは多摩丘陵の坂道の連続コース、ランも通称「デビル坂」でのキツイ10周回。デビル坂ではステップ数の多さに悲鳴を上げて歩き出すメンバーも出るほどでした。が、それぞれのペースで楽しく追い込んだ練習を行うことができました。

①バイク練習の「坂」、②ラン練習の「坂」に続く、③夜のサカは「坂」ではなく「酒」。先月下旬にオープン、チームメンバーが経営しているイタリアン・バルで楽しい懇親・交流会となりました。

1405047 1405049

1405041_2 1405043

1405048 1405049_2

| | コメント (0)
|

2014年5月 3日 (土)

千歳合宿

 TOTO陸上部に所属する早川英里選手の千歳合宿を行いました。

今回の合宿の目的は、千歳エリアの練習環境の下見と今後のトラックシーズンに向けた練習です。

今回の合宿では、プロ・トライアスリート時代の友人や指導者仲間に色々とサポートして頂き、十分に目的を達成することができました。

千歳・スポーツスウエットの久保埜氏、札幌のファーストステップ鎌倉氏に心より感謝、御礼申し上げます。

1405032 1405037

1405038 1405031

1405034 1405031_4

| | コメント (0)
|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »