« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

法政ニ高⇒決勝進出 高校アメリカンフットボール部

 今日は、慶応日吉グランドで行われた第39回関東高校アメリカンフットボール大会・地区予選=神奈川県大会・準決勝/法政ニ高VS浅野高校のゲームを観戦してきました。

準決勝の第一試合では、県立横浜栄が優勝候補の慶応義塾を撃破して、決勝戦にコマを進める快進撃。法政ニ高も確実に決勝に進出するためにも、浅野高校戦は油断できない対戦相手でした。

ゲーム序盤は、浅野高校がチームワークを発揮して、攻守ともにリズム良くプレーをして法政ニもなかなかタッチダウンを奪うことが出来ませんでした。それでもゲームが進むにつれて法政ニが徐々にゲームをコントロールできるようになり、最終的には49-6で勝利し、決勝にコマを進めました。

来週の決勝戦=VS県立横浜栄高校は、強豪・慶応高校を接戦の末に破って勝ち上がってきた勢いのあるチームだけに、間違いなく好ゲームになることでしょう。今から楽しみです。

 ちなみに今日の試合は、私がアメリカンフットボール部に入部した時の高校3年と大学1年の先輩方と一緒に観戦/応援してきました。30年以上も前の話になりますが、当時、先輩たちの素晴らしいプレーに憧れたものです。

1304284 1304285

1304283 1304282

| | コメント (0)
|

2013年4月20日 (土)

J-BEAT 練習会

今日のチームJ-BEAT練習会は、宮ケ瀬ダム方面へのバイクとランの2種目のクロストレーニングを行いました。

バイクでは、距離は短いものの上り坂のあるコースを選択し、登坂時のペダルの踏み込みを意識できるように指導しました。平地のみの練習では培うことのできない大切な練習です。

そしてスタート地点に戻ってきた後は、約30分のランニング。バイク⇒ランの速やかなトランジションを意識して、ランニングを開始しました。ランスタート直後の「脚の重さ」は、このようなトランジョション練習を繰り返すことで、素早くトップスピードまでもっていくことが可能になります。日頃のチーム練習の成果が、レースで発揮されることを願っています。

明日は、チームJ-BEATメンバーも参加する宮古島大会です。安全第一に宮古島大会の雰囲気とレースを楽しんでもらいたいと思います。

1304202 1304204 1304203 1304207 1304205 1304206

| | コメント (0)
|

2013年4月17日 (水)

宮古島大会 ~トライアスロン~

 今週末21日に開催されるの全日本トライアスロン宮古島大会に、チームJ-BEATから5名のチームメンバーが参加します。

そのうちの1人は、JTUポイント ランキング(エイジカテゴリー)'11、'12で2年連続日本チャンピオンの佐藤周平さん。ほかの4人は初ロングにチャレンジということもあり、期待感と緊張感が混在していると思います。

今日の浅草ROX/J-BEATトライアスロンスクールには、そのうちの4名が参加して宮古島大会に向けてのスイムの最終調整を行いました。ロングのトライアスロン&宮古島を存分に満喫するためにも、安念第一で心にゆとりをもって、MPG(マイペースdeガンバル)を実践してほしいと思います。

そして加圧パーソナルトレーニングのクライアントさんたちも4月の陽気とともにトレーニング内容もアクティブになってきました。こちらも今春~夏に向けて本格的に始動開始です。

1304176 1304177 1304171 1304173 1304172 1304178

| | コメント (0)
|

2013年4月14日 (日)

日本女子 表彰台独占 ワールドカップ石垣島

きょう行われたワールドカップ石垣島大会の女子エリート部門にて、日本トライアスロン界では初となる表彰台独占という快挙を成し遂げました。時折、雨足が強くなるタフなコンディションの中での素晴らしい結果です。

優勝・上田 藍選手、2位・佐藤 優香選手、3位・井出 樹里選手、おめでとうございます!女子エリートのレースの模様は、コチラから。

1304144 1304141  1304143 1304143_3

今回の石垣島大会では、は、ワールドカップのスポーツプレゼンテーションと沖縄テレビのテレビ解説を担当させて頂きました。。

1304141_2 1304142_2

| | コメント (0)
|

2013年4月13日 (土)

ワールドカップ石垣島大会 前日

 ワールドカップ石垣島大会レース前日。選手は最後の調整に、大会スタッフ&関係者はレース準備に追われて忙しくなります。

 私は午前中に時間をつくってエリートのラン&バイクコースを走りながらチェック。サザンゲートブリッジでは地元・石垣島の小4の女の子に追いつかれ、その横を女子エリートの崎本智子選手がバイクでにこやかに通過していきます。(左) 同じくランコースを徒歩で確認中の沖縄テレビ・古川アナに追いつき、しばし情報交換&その横をカメラリハーサル中のバイククルーが通過していきます(右)

1305133_2 1304132_4

午後からは、有力選手記者会見と日本ナショナルチーム公式ユニfホーム発表、メディア向け取材説明会が行われました。日本を代表するエリート選手たちのコメントも表情も明るくていい感じです。JTU事業広報チームの私は、いつものように司会担当です。

1304134 1304132_5 1304134_3 1304135_2

そして夕方からは、レース会場で明日の会場MCをご一緒させていただくパトリック・ユーさん(英語担当)とスタートセレモニー&表彰式のリハーサル(左) 

1304137 1304138

いよいよ明日、エリート選手の国内初戦が開幕します。日本選手の表彰台に期待!

| | コメント (0)
|

2013年4月12日 (金)

石垣島入り ~ワールドカップ石垣島大会~

 2013年度・日本国内のエリートレース初戦であるITUトライアスロンワールドカップ2013石垣大会が、今週末14日に沖縄県の石垣島で開催されます。

私もTV解説・他の仕事で本日より石垣島入りしています。今日はワールドカップに出場する選手たちの登録や競技説明会が行われ、夕方からはウエルカムパーティーが催されました。

ロンドンオリンピックも終了し、今シーズンからは3年後の2016年リオデジャネイロオリンピックに向けて、各国のエリート選手たちによるオリンピック代表に向けたチャレンジがスタートします。

今日は出場する選手たちは勿論、コーチ陣やトライアスロン関係者から様々な情報を収集する一日となりました。厳しい結果に終わったロンドンからリオデジャネイロへ。日本選手たちのオリンピックに向けた新たな熱い戦いも、またスタートします。

トライアスロンが公式競技となった2000年のシドニーオリンピック以降、次のオリンピックに向けた国内初戦となる石垣島大会で毎回感じる事は、オリンピックまでの3年間はあっという間であるということです。2016年に向けた日本選手たちの飛躍に期待しています。

エリート選手競技説明会の後は、ウエルカムパーティー。日本選手権では最多の7勝を挙げている田山寛豪選手と。

1304121 1304122

ロンドンオリンピック・トライアスロン競技審判の鈴木JTU理事(左) 日本ナショナルチーム公式ウエアのサプライヤー島田さん(アシックス)と強化チームの山倉JTU理事(右)

1304123 1304126

ウエルカムパーティー(左) 強化チームの山根MGRと飯島リーダー(右)

1304127 1304125_4   

| | コメント (0)
|

2013年4月 6日 (土)

MTB元日本代表 竹谷賢ニさんが参加! ~J-BEAT練習会~

きょうのJ-BEAT練習会に、トライアスロン誌「LUMINA」の取材を兼ねて、アテネオリンピックMTB日本代表の竹谷賢二さんが参加してくれました。きょうの練習メニューはレース目前ということもあり、3ステージに分けて実践的な内容にしました。

練習開始直後の出鼻をくじかれるような雨には参りましたが、まずはバイクで3km周回コースを各自のペースで走ります。雨天時の白線やマンホールは滑りやすいので注意が必要です。ここでは竹谷さんと将来の宇宙飛行士を目指すJAXA小林君、スペシャライズド契約アドバイザーの竹谷さんが喜んだ同社のバイクを操る相田さんが積極的にペースを作ります。

1304061 1304062 1304067 1304065

続くクロカンコース30分間走では、チームメンバーが名づけた「デビル坂」を周回。脚が上がらずに歩いているように見えても心臓がバクバクするような超タフなコースで、そのハードさを楽しみながら耐乳酸性的な練習を行いました。周回を重ねるごとに脚が重くなり、心拍数も相当に上がっているハズなのに、上り坂の頂上付近で待機する私の目の前を通過する時だけは、みなさん気合で!!走ってくれました。メンバーの心意気/スピリッツを感じました。

1304068 1304069 1304069_2 1304064

そして疲労で脚が重たくなってきた状況下で、最後は3km周回コースでの各自ペース走。トライアスロンのレースを想定しての練習で、それぞれがしっかり追い込んだ練習をしました。「一人では行えないようなちょっとキツイ練習」をお互いの意識やチーム力でカバーし、楽しく行うことができました。

1304063_2 1304068_2

きょうのトピックは、何といってもデビル坂周回でのMTB全日本選手権4勝の竹谷さんとデュアスロン世界選手権エイジ日本代表の小林君、先月の名古屋Wマラソンで2時間26分17秒の早川英里選手(TOTO)の3人による先頭奪取的な練習です。3人とも相当追い込んだことでしょう、傍で見ていても迫力がありました。この3人のハードな練習の模様は、竹谷賢二さんのブログにも掲載されているので、ご参照ください。ちなみに竹谷さんは4/21の宮古島大会に参加されるので楽しみです。

そしてJ-BEATのメンバーも、最後まで集中してポジティブに頑張っていたと思います。みなさん、お疲れ様でした。

1304066 1304065_2 1304066_2 1304062_2

| | コメント (0)
|

2013年4月 2日 (火)

JAAF ディベロップメントアスリートに ~早川英里選手TOTO~

 今日は日本陸上競技連盟の強化競技者(ゴルド・シルバー)・ディベロップメントアスリートの専任コーチ会議が、東京の北区にあるナショナルトレーニングセンターで行われました。

私は、2013年度のディベロップメントアスリートに指定された早川英里選手(TOTO)の専任コーチとして出席しました。私のメインフィールドであるトライアスロン界での強化チームと同様に日本陸連でも強化委員会が中心となって選手の強化に取り組んでおり、今後は2016年のリオデジャネイロオリンピックを目標に活動していくことになります。

2013年度の強化競技者は、現時点でゴールドはハンマー投げの室伏広治選手の1名のみ。シルバーが11名となっています。これに38名のディベロップメントアスリートが加わり、陸上競技界全体で合計50名となっています。

女子中長距離・マラソンブロックでは、新谷仁美選手(ユニーバーサルエンターテイメント)、木崎良子選手(ダイハツ)、福士加代子選手(ワコール)、野口みずき選手(シスメックス)の4名が強化競技者(シルバー)として指定され、伊藤舞選手(大塚製薬)、渡辺裕子選手(エディオン)、早川英里選手(TOTO)、宮内洋子選手(京セラ)の4名がディベロップメントアスリートにリストアップされています。

全体会議後は、ブロックごとに専任コーチが集まり、今後の強化などについて話し合いがもたれました。(公社)日本トライアスロン連合の事業広報チームの私が、日本陸連の専任コーチ会議に出席するとは考えもしませんでしたが、トライアスロン界を外から見ることにもなり、良い機会を与えていただき、とても新鮮な感覚でした。

まずは早川英里選手の強化にしっかり取り組んでいきたいと思います。

1304021

| | コメント (0)
|

2013年4月 1日 (月)

トライアスロンシーズン開幕

今日から新年度がスタート。いよいよトライアスロン・シーズンが開幕という感じですね。

エリートレースに目を向けると今週末は、ニュージーランドのオークランドで2013 ITU 世界トライアスロン シリーズ オークランド大会が開催されます。スタートリストには、井出樹里、高橋侑子、上田藍、佐藤優香の名前がリストアップされています。

すでに今シーズンのワールドカップ・ムルラバ大会(AUS)で優勝しているアン・ハウグ選手(ドイツ)ら世界のトップとのレースでどこまで戦えるのか、シリーズ初戦に注目です。

「一年の計は元旦にあり」と同様、きょうは新年度の初日ということもあり、まだまだ桜が綺麗に咲いている川沿いのコースを少しJOGしてから、仕事に向かいました。

1304011

| | コメント (0)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »