« 日本チャンピオン(60-64才クラス) 佐藤周平選手  | トップページ | ぎふ清流国体トライアスロン競技大会 »

2012年10月 5日 (金)

日本在住で活躍した海外選手 ~グレン・マンガム氏~

 '80~'90年代に日本で活躍した日本在住の海外出身トライアスリートといえば、マイケル・トリーズ氏(GBR)、ウイット・レイモンド氏(USA)、キャメロン・ブラウン氏(NZ)そしてグレン・マンガム氏(USA)などの名前が挙がると思います。

そのうちの一人であるグレン・マンガム氏と久しぶりの再会をしました。グレン・マンガム氏が日本に在住していた頃は、51.5kmタイプのレースを中心に得意のスイムから先行する理想的なレースをしていた選手です。また優しい人柄から多くの日本人トライアスリートとも親交がありました。

 選手引退後は、某スポーツメーカーのトライアスロン担当MGRとして、当時オリンピックディスタンスを中心に世界を席巻していたオーストラリア選手たちのコーディネーターとしても活躍しました。現在は、自宅のあるコロラド州ボウルダーを拠点として活動しているようです。つい最近の話題では、2005年にルイジアナ州を襲ったハリケーン・カトリーナにより壊滅した灯台を復活させるために、募金活動の一環としてルイジアナ州ニューオリンズ にあるポンチャートレイン湖(約40km)を友人とふたりで横断泳を行ったそうです。

 現在、今秋の駅伝・マラソンシーズンに向けて、TOTO陸上部/早川英里選手のコロラド州ボウルダー強化合宿中ですが、マンガム氏の奥様がマッサージセラピストであることから、お世話になっています。

 私より1才年長のマンガ、ム氏は、今月末には50才を迎えます。奥様による早川選手のトリートメント中に色々と話をしましたが、その最中にも3人の子供の世話役で、勉強を教えたり、食事の用意をしたりと子煩悩な姿を拝見しました。

 ところで私がTOTO陸上部のコーチをしていることから、最近ではトイレを使用する際に、どこのメーカーかが気になります。マンガム家のトイレは「TOTOウォシュレット」でした。かなりのお気に入りのようです。海外での普及率も徐々に広まりつつあるようです。ご愛顧ありがとうございます。ネーミングの由来=Let's wash !⇒ Wash let('s) ご存知でしたか!?

Gm2_2 Gm3
Gm4 Gm1_4

|

« 日本チャンピオン(60-64才クラス) 佐藤周平選手  | トップページ | ぎふ清流国体トライアスロン競技大会 »

トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本チャンピオン(60-64才クラス) 佐藤周平選手  | トップページ | ぎふ清流国体トライアスロン競技大会 »