« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

バイク乗車時の姿勢安定トレーニング

1201301

今日は、JCCA(財)日本コアコンディショニング協会のマスタートレーナーの立場での指導です。自転車界ではお馴染みのバイシクルクラブという自転車関連誌の仕事で、朝早くから用賀にある出版社へ。バイシクルクラブでもおなじみ&トライアスリートでもある整形外科医リエッチ先生こと蔵本理枝子さんをモデルとして姿勢のトレーニング指導開始。

1201303

コアコンディショニングのいろはからスタートしたのですが、最初は姿勢がやや特徴的で心配しましたが、順々に姿勢のトレーニングを進めていくと、インナーユニットと呼ばれる腹横筋や横隔膜などもしっかり働いており、蔵本先生のポテンシャルにちょっと感激しました。

1201304

最後は、バイシクルクラブの外山さん、カメラマンの仁田さんも加わり記念撮影。バイク乗車時の姿勢が安定すれば、よりバイクライドが楽しくなる! このあと発売のバイシクルクラブをお楽しみに。

| | コメント (0)
|

2012年1月29日 (日)

話題先取りイベント 東京マラソンコース試走

1201299 1201298_2 1201292 1201297

このところ毎年の恒例となっている話題先取りイベントで、東京マラシンのコース42.195kmを走ってきました。都庁前を午前8時に出発。東京マラソンまであと1カ月ということもあり、いつくかのランニングチームも集合していました。

1201293 1201291 

ひとりの場合は黙々と走ることになりますが、仲間と走っていると距離や時間があっという間に進んでいきます。東京タワーとスカイツリーはどちらも日本の誇れるシンボリック・タワーです。

1201293_2 1201292_3 1201295_2 1201296

途中でメンバーが経営されている歯科クリニックやKさん宅訪問など少し寄り道しながら、お台場を目指しました。21km以上走ったことのないAさんやYクンも順調に走っていましたが、最後はやや「くたばり気味」でした。それでも途中リタイヤすることなく最後まで頑張り、42kmを走破!現時点での限界を知った彼らは、次回はもっと強くなっていると思います。今日ご参加頂いたみなさま、お疲れ様でした!

| | コメント (0)
|

2012年1月24日 (火)

元J-BEAT女子メンバーが自転車競技に転向!

 浅草ROXのジュニアスイミングを経て、高校時代にチームJ-BEATでトライアスロンの練習を本格的に始めて、JTU全国高校生大会で3位という成績も持つ梶田舞選手。エリート・トライアスリートを目指して宇都宮の村上塾に入塾したのも束の間、今度は自転車選手を目指していくようです。現在は、5月から始まる競輪学校での研修に向けて練習しているようです。

昨年のガールズサマーキャンプ2011 に参加して自転車選手としての適性は認められているようです。そのガールズサマーキャンプの様子(1:40~登場)からも頑張っている姿を垣間見ることができます。(トイライアスロンを始めて3年とコメントしていますが??)

自転車による事故や怪我に気をつけて、今回こそカタチになるように頑張って欲しいものです。

| | コメント (0)
|

2012年1月23日 (月)

21kmトレッドミル走#2  早川英里選手

 今日は、前回20日のトレッドミル走で心拍数が上昇して15kmでオールアウトとなった長距離ランナーの早川選手が、再度16km/hでの21km走にチャレンジしました。今回は,ストライド&ピッチもリズムよく、余分な動きによる心拍数の上昇もなくランニングフォームが最後まで安定していたので、しっかり21kmをクリアしました。

トレッドミル走でペースを上げて21kmも走るとなると、気象やコースなどの条件変化がなく、走るリズムも単調なことから集中力が要求されますが、前回の課題をしっかり修正してくる姿勢は素晴らしいと思います。今回の平均心拍数は162/分。私も同じ速度16km/hで頑張りましたが、15kmで気持ちが疲れ果てましたdown=平均心拍数161/分

 また今夜は大雪という天気予報がでていましたが、夜のトライアスロン・スイム練習後にチームJ-BEATメンバーのNさんが経営されている上野のイタリアンバ-ル/イル カドッチョで、Nさんと打合せ。日々イルカドッチョ・スタッフが考案している美味しい料理とマリアージュされたワインをいただきながら、楽しく打合せをすることができました。お店をでると予想通りとは言いながら都心部での積雪にビックリ。多摩方面はどうなのかと心配するばかりでした。

1201231 1201237_2 1201233 1201234

| | コメント (0)
|

2012年1月22日 (日)

カーフマン北関東ステージ

 週後半からの天候崩れの影響が心配されたカーフマンデュアスロン第3戦北関東ステージでしたが、予定通りに埼玉県の武蔵丘陵森林公園で競技が開催されました。数日前の降雪などの影響がある場合、ランニング大会になる可能性もあったとか。。。

 昨年の大会は、レース会場に向かう途中で車の気温計が-3℃を表示していた事を記憶しているくらい寒くて困りました。そのため冬の森林公園の寒さを覚悟していたので、今朝の5℃が暖かく感じられました。何よりも雪や雨にならなくて運営サイドとしてホッとしました。

1201221_2 1201222 1201226

 レースは、キッズ・ジュニア/ビギナーからエイジグループ、エリートとそれぞれ寒さに負けず熱いレースを繰り広げてくれました。最近のランニングブームを反映してか、初めてのデュアスロン参加のためビギナーの部にエントリーしている選手ても、第1ランを16分台で入ってきたりとランニングから参入する方が多いようです。ちなみに昨年11月のロング世界トライアスロン選手権のエイジ日本代表の二人も参加し、見事にエイジカテゴリー1位でした(=ふたりで映っている写真)

12012212 1201224 1201225

エリートの部では、男子では優勝候補の第1戦近畿ステージ優勝の森正選手と第2戦木曽三川ステージ優勝の深浦祐哉選手の一騎打ちに。最後は、逃げ切りをはかりたい森選手を第2ラン後半で逆転した深浦選手が、第2戦に続いて2連勝を飾りました。一方の女子エリートは毎回の事ながら参加人数が少なく4名でのレースとなりましたが、昨年の世界トライアスロン選手権ジュニア日本代表をも含めて3名が高校生と若い力がレースを盛り上げてくれました。レース全体をみると路面がウエットコンディションだったのでバイクでの落車が心配されましたが、バイクパンツがビリビリに破けた痛々しい姿を見ることなく、無事にレースを終えることができてなによりでした。

| | コメント (1)
|

2012年1月20日 (金)

21km トレッドミル走

 今日は雨天のため、早川英里選手の練習をロードから屋内トレッドミル走に変更しました。浅草のフィットネスクラブ/ROXビギンのトレッドミルで設定できる最速スピードでの21km走。

ひとりではあまり行いたくない単調で精神的にもタフな練習ですが、目的を明確にして行うと効果的な練習になります。トレッドミル走はあくまでもランニングの代用練習ですから、循環機能改善やストライドのピッチを意識する練習として捉えるべきだと思います。

トレッドミル走で注意すべき点は、ストライドを伸ばして大股で走っても意味がないということです。実際のランニングとは筋肉の使い方も異なるので、大股で練習しても楽になるばかりで有効な練習ではありません。安定したフォームと高ピッチ数を維持して練習することがポイントです。

早川選手はこのトレッドミルを利用して時速16kmで10kmを走ったことはありますが、21kmは初めてのチャレンジです。そして今日の結果は、15kmでオールアウトとなり18kmまでの3kmは時速15kmに落としてリカバリーをかけて、再度21kmまでのラスト3kmを時速16kmに上げてトータル21kmを79分台で終了しました。最後までもたなかった理由は、心拍数の上昇です。

早川選手の最近のハーフマラソンの記録が'10苫小牧で71分台、今月の谷川真理ハーフで72分台ですから、今日のペース78分台は決してきつくないはずです。それでも最後までクリアできませんでした。平均心拍数も166とやや高めです。

 (早川選手の走りが10km過ぎからブレだしたので)私は途中からサポートに回りましたが、同じペースで走った私のそれまでの平均心拍数が161です。今日のトレッドミル走ではこれが一番大きなヒントです。私は現時点でハーフマラソンを75分を切って走ることはできませんが、今日のトレッドミル走はギリギリではありませんでした。ロードでは私より遙かに速い早川選手の心拍数がなぜ上昇してしまうのか、早川選手自身が改善点を理解したはずです。改善すべき課題は多いですが、早川選手がそれをクリアしていった先の走りが楽しみです。

1201201 12123

| | コメント (0)
|

2012年1月19日 (木)

初めてのハーフマラソン

 健康維持を目的として加圧パーソナルトレーニングを開始してから既に4、5年が経過するNさんですが、先日開催されたフロストバイト・ロードレースで見事に21kmを完走しました。

Nさんにとっては初めての21kmロードレースです。ランニング仲間で参加予定だった5k部門が早々と〆切りになってしまい、回収車に乗ることを前提でハーフ部門にエントリーしたとのことでした。

5kしか走るつもりがないのに21kmはかなりハードではありますが、折角エントリーしたのだから「回収されることを前提」ではなく、「完走を目指して」練習しましょうということで、このところのパーソナルトレーニングもランニングに費やす時間を増やしていました。

「走るのは今でも好きじゃない」などとおっしゃっていますが、レース前にひとりで隅田川20km走にもチャレンジされたようです。「くたびれちゃってとてもじゃない」とのことでしたが、レースとなれば大勢のランナーも走っているし、気持ちも前向きになったことでしょう。2時間30分以上かかったとのことですが、完走した喜びが表情からも伝わってきます。

私の指導を受けるようになってからランニングを始め、促されるように5kmの駅伝に参加したのが3年くらい前のことです。次の目標はフルマラソンでしょうか!

1201181

| | コメント (0)
|

2012年1月18日 (水)

ストリームラインの達人!! ROXトライアスロンスイム 

 今日は、トライアスロン日本代表チームのウエア制作やマーシャルベストの他、トライアスロン・アパレル業界で特化したビジネスを手掛けているスポーツアシストの山崎さんが、ROXトライアスロン・スクールに参加してくれました。山崎さんの選手時代には私も一緒に山中湖などのロングライドに出かけたものです。

 さて今日はトライアスロン日本代表も唸らせた!という「蹴伸び」からのストリームラインを披露して頂きました。プールの壁を蹴ってからの一蹴りですうっと12.5mラインまで到達する山崎さんの綺麗なストリームラインは流石です。ROXトライアスロンスクールのメンバーにとってはおおいに参考になったはずです。

一方でスクール代表として山崎さんと一緒に蹴伸びにチャレンジしたSさんのストリームラインも中々のもので、引けをとっていませんでした。「なるほど!」と言いながら見ていた皆さんも感心するばかりでなく、壁を蹴る際は特にストリームラインを意識して泳いで見て下さい。

1201182 1201183 1201184 1201185

| | コメント (0)
|

2012年1月15日 (日)

J-BEAT大健闘 稲城グリーンロード 

 東京ヴェルディ・トライアスロン・セッションが運営協力する稲城グリーンロード10kmにチームJ-BEATで参加してきました。

「トライアスリートがコースづくりに携わるとこうなる」というようなシリアスなアスリートには面白みのあるタフなコース、ビギナーにとっては「ちょっとこれは。。。」とため息をつきたくなるようなコースでした。

J-BEAT関係からは8人で参加し、総合順位で9位、10位、11位となった3選手が激しい競り合いを展開したようです。やはり知り合いが近くにいると燃えてくるのが心情というものです。

ちなみに総合9位は女子の部で予想通りに優勝した早川英里選手。アップダウンが厳しい今回のコースを34分20秒でのフィニッシュです。3月の名古屋ウエメンズに向けて連日走り込んでいる最中でのレースですが、安定したリズムの走りが出来ています。

10位のK君はスタート直後からペースを上げて入りましたが、後半で早川選手に抜かれたのがちょっと悔しそうです。K君は超多忙な生活を送っている中での結果だから立派なものです、比較してストレスを溜め過ぎない方がいいと思います。11位のY君はK君をマークして最後まで粘りをみせて8秒差の34分58秒と私から見ると大健闘の結果です。

他のチームメンバーもそれぞれ積極的に走り、女子のHさんが女子総合5位に入り、早川選手と同じく表彰式参加となりました。

レース後は「これからが本番」というメンバーもいる多摩センターの天然温泉極楽湯に浸かり、そのまま風呂上がりの宴会となりました。このレース以外にもフロストバイト21kmなどにチームメンバーが参加していたようです。みなさまお疲れさまでした。

1201155_2 1201152_21210157 Kf1_21201155_3 1201151_2 1201158_5 1201158_3

| | コメント (0)
|

2012年1月14日 (土)

意識の差 J-BEAT練習会報告

 今日のチーム練習会は、奥多摩方面への約90kmコースロングライドで、距離も短く、ほぼフラットな行程でした。きょうはEasy Rideでしたが、「私にとってはイージーじゃなかった」という声を毎回イージーライドの際に耳にします。

私もトライアスロンを始めた頃に「イージーペースで!」と仲間に言われて平均時速30kmで走ったものの楽ではなかった思い出があります。その時に初めてこれがイージーなのかと認識し、そのペースがイージーに感じるように練習し、脚の回転力を養うように回転練習も行いました。

チームJ-BEATのメンバーの中でも、練習に対する意欲や意識の差は当然あります。楽しく練習することは一番大事ですが、課題を自覚しながらも何年も放置するのではなく変えていく努力をして欲しいと思います。そうすることでよりトライアスロンが!練習が!楽しくなるはずです。チーム練習会の時だけ頑張ろうと思っても何も変わらない。日頃の取り組み方や練習に対する姿勢がチーム練習会でも表れていると思います。

1201141 12011421201144 1201147 1201145_2 1201145

| | コメント (0)
|

2012年1月11日 (水)

五島長崎大会 エントリー初日

 本日1月11日からエントリー受付けを開始した五島長崎バラモンキング大会ですが、トライアスロンブームの影響でしょうか、初日で既に募集定員の半数近くの方がエントリーしています。

今年はAタイプ、Bタイプと2タイプ併設で行われますが、現在のタイプ別のエントリー内訳は、やはりそうかという実に興味深い傾向となっています。一方のタイプのエントリー受付け終了は早いかもしれませんね。

さて今日も浅草のROXビギンでは、パーソナルトレーニングにトライアスロンスイムと皆さん、楽しく(ちょっとハードに)トレーニングされています。まだ寒くて泳ぎたくないという方も、大勢で泳げば「熱く」なります。どうぞ浅草ROXビギンまでスイム体験にお越し下さい!

浅草ROXビギントライアスロン・スイム スイム担当:中村 03-3836-7711

1201111 1201112 1201113 1201114

| | コメント (1)
|

エントリー開始!~世界選/日本代表選考レース~ 五島長崎国際大会

 2012五島長崎国際トライアスロン大会のエントリーが、1月11日(水)より受付け開始となります。2012年度大会は、2タイプの距離でレースが開催されます。

①SWIM 3.8km BIKE 180.2km、RUN 42.2km (ウルトラ・ロングD)

②SWIM 2.0km BIKE 124.0km RUN 28.0km (ロングディスタンス)

 今大会のコースの特徴は、ランコースが変更であることです。風光明媚な堂崎天主堂方面への片道7kmコースを3往復/2往復するコースで、選手同士の行き交いが楽しめるレイアウトを予定しています。

上記2タイプともに7月29日にスペインのビトリア・ガスティスで開催されるロング世界選手権のエリート/エイジグループの日本代表選手選考レースとなっています。

ぜひご参加ください!エントリーはこちらから!

Ldwc3 Ldwc4Ldwc Ldwc2

| | コメント (0)
|

2012年1月10日 (火)

笑顔ですが。。。

  プロスポーツの世界は、あらゆる面での厳しさと直面しています。パーソナル指導しているプロ競輪選手の小原太樹選手の場合は、練習の厳しさはプロだから当然のこと、公営ギャンブルが故に負ければお客さんからの厳しいヤジも飛びます。毎日の練習も半強制的な合同練習ではなく、あくまでの個人での自主練習が中心です。心の厳しさも大事です。

95期の中でも上位でS級に昇級したものの、昨年は優勝することが出来ずに、今年はA級1班からのスタートとなります。小原選手自身もやるべきことは理解しているので、今シーズン後半にはS級に戻ってくると思います。そこでは必ず1度は優勝してもらわないと困りますね。

 また長距離ランナーの早川英里選手は、3月のレースに向けて大事な時期を迎えています。レースまで約2カ月間、練習量・質ともに充実させていく必要があります。この1年間、筋力強化してきたことの効果として、レースパフォーマンスの向上に加えて、レース後の筋肉痛や疲労感が軽減し、回復力がアップした点も見逃がすわけにはいきません。レースやスピード練習からの回復が遅れると、そのぶん有効練習の回数を減らさないといけませんからね。

1201101 1201102 1201103 1210105

| | コメント (0)
|

2012年1月 9日 (月)

早川英里選手 コースPB 

 パーソナルトレーニング指導している長距離ランナーの早川英里選手が、8日に行われた谷川真理ハーフマラソンに参加し女子の部で2位となりました。今回のタイムは、コース自己記録更新となる1時間12分55秒でした。

 この早川選手の指導を開始したのが、ちょうど1年前の谷川真理ハーフの後だったと思います。この1年間、地道に筋力アップや動きづくりを行ってきた成果で、ランニング時の速い動きにも安定感がでてきました。

2012年に入ってからの練習も順調に進んでいます。妥協しないように自分に厳しく毎日の練習を積み重ねていくことが大きな自信となり、本番となるレースでも実力を100%発揮できる心の強さにつながっていくと思います。

1201066 12010651201164 1201062

| | コメント (0)
|

四国八十八か所 新年参詣ラン

 今日は、J-BEAT恒例の初詣ランを行いました。新年を迎えて最初のランニング練習は、毎年高幡不動まで片道約10kmを走り、参詣したあとの冷えた体にはとても温まる甘酒を飲み、四国・八十八か所巡りと同様のご利益があると言われる高幡不動八十八か所巡りを行って戻ります。往復で約20km。私も今年1年間、J-BEATの活動が楽しく安全に行われることをお願いしました。ちなみに高幡不動の裏山のある八十八か所もそれなりに起伏がある参道を巡るので、ご年配の皆様にはそれなりのきつさがあると思います。我々にとっては、ちょっとしたクロカン走です。

午後からは、20年以上お世話になっている巣鴨のサイクルプロダクツ・ウエスティの羽山店長へ新年のご挨拶に行ってきました。入れ替わり立ち替わりお客さんが来るのでゆっくりお話出来ませんでしたが、新年から賑わっていました。今でも多くのトライアスリートから支持されているトライアスロンショップです。

1201091 1201095_2 1201093 1201094 1201095_4 1201096_2

| | コメント (0)
|

2012年1月 8日 (日)

未来のオリンピック代表を夢見て

 今日は東京の北区西が丘にあるナショナルトレーニングセンターで行われている「平成23年度JOC地域タレント研修会」に参加してきました。

地域タレント研修会とは、日本各地のジュニア世代の発掘・育成プロジェクトから選抜された子供たちが対象で、将来のオリンピック・メダリストを目指して全国各地のタレント発掘事業から選抜された生徒たちです。

この研修会は、「素質あるジュニア世代のタレントを発掘し育成することが日本の長期的国際競技力向上において極めて重要」という認識のもとに、各地域のJOC地域タレント発掘・育成事業の受講生に、スポーツ全般の情報・知識を提供したり、スキル開発/向上プログラムを通して、世界の頂点をを目指す意識の醸成を図り、世界に通用する選手に育成することが主な目的です。

会場となったナショナルトレーニングセンターでは、ちょうど午後から冬季ユースオリンピックの日本代表選手団の結団式が行われており、またオリンピック・メダリストが合宿をしていたりとこのプログラムに参加した小学5年から中学3年までの子供たちにとっては、かなり刺激的だったと思います。今回集まった子供たちの中から、ユースオリンピックやオリンピック代表を目指す子供たちが一人でも多く輩出されることを期待しています。 

子供たちはグループ毎に決められたテーマに対して討論し話し合った内容を発表するのですが、各グループの代表として発表する子供たちは、きちんと自分の言葉で説明できていました。おそらく子供同士でも、よい刺激にもなったはずです。

日本人初のオリンピック金メダリストである織田幹雄さんの言葉である「強いものは美しい」というテーマでも議論されました。各グループともにフェアプレーの精神やアンチドーピング(これはまだ理解するには早すぎるか?)など競技面でのマナー以前に、「感謝の気持ちや礼儀正しさ、試合などで(負けても)しっかり挨拶できること」などが強いと言われる選手に必要であると考えているようです。我々大人も忘れないようにしないといけませんね。

 

1201081 1201082 1201083 1201086 1201084 120108

| | コメント (0)
|

2012年1月 7日 (土)

J-BEAT2012年 初練習

 今朝は、七草粥からスタートです。今年は無病息災といきたいところです。

そしてチームJ-BEATの2012年度初練習は、ベテラン・指導スタッフの菅谷さんに加えて新スタッフとして原口君を迎えての練習となりました。

新年初回の練習は、多摩丘陵のアップダウンを使用したバイク、そして多摩東公園の外周路の周回ランで、新年の初練習としては、刺激の入った練習となりました。参加したメンバーの意気込みも中々で、練習に対する熱意が伝わってくる練習でした。

チームJ-BEATの活動を充実させた1年間にしていきたいと思います! 今日はチーム練習会にビジター参加のSさんも参加されました。いい仲間が増えることは大歓迎です!

1201071 1201072 1201073 1201074

| | コメント (0)
|

2012年1月 4日 (水)

指導始め

 本日より2012年のトレーニング指導をスタートしました。

 日頃の健康や体力維持、初めて20kmのランニング大会にチャレンジする方やトライアスロンの2012年エイジ世界トライアスロン選手権の日本代表や更なるレベルアップを目指す方などクライアントさんの目的も様々です。

私の指導メニューも決して楽しいトレーニングばかりではありませんが、指導初日となった今日は「まずやってみよう」という常に前向きな考え方のみなさんが集まり、気合の入ったトレーニングとなりました。今やるべき事は何かを把握されているからこそ、トレーニンも楽しく感じ、頑張りも利くんでしょうね。

 そして夕方からはトライアスリートが対象のROXトライアスロン・スイムクラスで初泳ぎとなりました。年が明けると目標とするレースが目の前に見えてきます。それぞれのレースに向けて、今から練習仲間と楽しく練習して、いいレースができるように準備していきましょう!

1201048 1201043 1201044 1201041 1201042 1201046

| | コメント (0)
|

2012年1月 2日 (月)

正月のスポーツ

 お正月のスポーツと言えば、ニューイヤー駅伝に箱根駅伝、サッカー、ラグビーにアメフトのライスボウルと観るスポーツが目白押しで、選手時代でも練習にでるタイミングが難しかったような気がします。どんな競技でも一生懸命にプレーしているアスリートの姿を見て、選手時代はこちらもやる気と勇気をもらっていました。それにしても箱根駅伝の東洋大・柏原竜二選手の強さは群を抜いていましたね。

 さて今年は例年とは違い、新年早々の夜中の初詣ではなく、今日2日の夕方に近所の諏訪神社にお参りに行ってきました。1年に1度だけ大晦日~新年を迎えた直後は約30分も並んで参拝する諏訪神社の境内ですが、さすがに2日の夕方となるとあっさり10秒で到着。辺りを見回しても他の人がいる気配すらありませんでした。→お願いごとをしながら、ゆっくりと参拝させていただきました。

1201021

| | コメント (0)
|

2012年1月 1日 (日)

2012年

 新しい一年のスタートです。

昨年は「絆」という一文字で表せる悲喜こもごもな出来事がありましたが、

オリンピックイヤーの今年、2012年はどんな一年になるのでしょうか。

私自身は勢いのある1年にしたいと思っていますが、今年のスタートは犬の散歩からと穏やかな感じでした。

それでは皆様のご活躍とご健康を心よりお祈りしています。

12112 12111_3

| | コメント (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »