« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

小さなボディで226km完走! S3,8km、B180.2km、R42.2km

 ちょっと買い物に出かけた家電量販店内で、かなりインパクトのある広告に目がとまりました。

「トライアスロン 約230km完走!」 

充電式乾電池を利用して小型ロボットが、アイアンマン世界選手権が開催されるコナで同一距離を完走したようです。商品の宣伝広告とはいえ、本番さながらにコナでと思うと嬉しくなりますね。詳細はこちらから。面白いですよ!

20111130

| | コメント (0)
|

2011年11月27日 (日)

J-BEATメンバー 3位!

 昨日の寒さとは対照的に今日は暖かい一日でした。

カーフマン第2戦東海ステージは、こちらの都合でキリヨさんに「ひとりMC」をお願いすることになりましたが、参加人数も多く熱戦が繰り広げられたようです。次回1月22日の第3戦・北関東ステージから「きりよ&山本」コンビ復活です。

さてJ-BEATメンバーも「クロカン&温泉beer」やロードレースなどを楽しんだようです。文京区のローカルレース「礫川マラソン」21kmに参加した「周平&3シスターズ」ですが、Uさんが女子3位で表彰されたようです。来年の東京マラソンでの快走を目指して、順調に飛ばしているようです。

Photo_2 

| | コメント (2)
|

2011年11月26日 (土)

お酉さま

 まだ11月中ですが、今朝はかなり寒さを感じました。特にチームJ-BEATのロングライドで向かった奥多摩方面は霜が降りるほどで、走行中に日陰に入ると如実に気温差を感じました。

こんな寒い時期の「ちとせや」では、暖かい豆乳や豆腐ドーナツの他、作りたての豆腐をそのまま生醤油で食べる「アツアツ湯豆腐」もだしてくれます。この寒い時期にはピッタリのメニューです。

 11月になると「お酉さま」が気になります。三の酉のきょう、家業を継いでいる弟と共に夕方から浅草の鷲神社に行ってきました。週末ということもあるのか、あるいは不景気ゆえのことか、例年以上に境内のみならず周辺の縁日もかなりの混みあいで、賑わいをみせていました。

お酉さまと言えば「商売繁盛」ですが、今年は大災からの復興を願わずにはいられません。

1111262_2 11112611111263 1111264

1111266_2 1111265 

| | コメント (0)
|

2011年11月23日 (水)

いつもと違う場所で J-BEAT杯!!

 きょうはチーム・ユニフォームを着用せずに、日本トライアスロン選手権が開催されるお台場からも近い場所flagにチームメンバーが集合しました。 

実は今年の5月に開催予定だったWCS横浜大会が9月に延期となった為、NHKの収録スタッフの皆様より「仕切り直しのゴルフミーティング」のお誘いを受けました。当然ゴルフ未経験の私はお断りしたのですが、半ば強引にスタート時間まで決まってしまい、約3週間の準備期間を経てコースにでるというそれは無謀なデビューを果たしました。

きょうのJ-BEAT杯が実現したのも、今思えばその時のお陰といえます。普段の練習会での話題の中心はトライアスロンですが、チーム内にこんなにゴルフ愛好者がいるとは知りませんでした。きょうは風もなく穏やかな天候の中で、笑いありの和気あいあいとした雰囲気でのコンペとなりました。

 みなさんトライアスリートだけあって、プレー中もJOGで移動するのでプレーの方も予定通りに順調に進んでいきます。きょうのプレーメンバーには名門PL学園ゴルフ部出身の方もいるので、上位を狙う方々はそれなりに集中して回ったようでスコア70台の方も何人かいました。私は皆さんの予想を裏切らないテッパン・スコアでした(何事もキャリアの差は大きいです)。

今回の代表幹事は加圧トレーニングのクライアントでもあるKさんでしたが、ゴルフ場の予約も含めて色々とお世話になりました。またプレーの方では、トレーニング指導中には見ることのない器用さthunderでニアピン賞をゲット。プレー後の懇親会も、ゴルフの話題が中心という普段とはちがう盛り上がり方でした。次回のJ-BEAT杯が楽しみです。

グロスの上位結果は、次の通りです。

泉=78、吉田=79、長島=97、佐藤=98、片又=105、、、、、、、山本

1111231_2 1111232 1111233 1111234 1111235 1111236 1111237 1111238_3

| | コメント (0)
|

2011年11月21日 (月)

もう一日延泊していたら! ロング世界トライアスロン選手権

 先日の米国ラスベガス近郊で開催されたロング世界選手権が終了して、すでに2週間以上が経ちます。

出発2日前になってツアー会社から「ロスからラスベガスまで飛行機でのバイク輸送が困難になった為、現地までの移動(約5時間)はバスでお願いします」という連絡が入りました。レース前からサバイバルなツアーでしたが、何もない砂漠をひたすら走り続けたバスツアーも、時間の経過とともに今回限りと思えば悪くないと思えるようになりました。何よりも参加選手たちに大きなトラブルがなかったことが一番です。

 そんな事を感じていた先週末、日本代表選手のお一人から「観て下さい!」という画像付きのメールが送られてきました。何でも延泊したメンバーで観光ツアーを行ったとか。実は今回の世界選手権にツアー・スケジュールは、レース終了後の夜に表彰パーティがあり、そのまま夜中の3時に再び5時間バスの長旅で帰路につくという強硬スケジュールでした。そのため一部の選手たちが延泊してレース後の余韻を一日楽しんだということです。

それにしても、写真からでもレース後の開放感が伝わってくるいい写真ばかりです。デスバレー観光にワイナリー巡り&テイスティング、カジノ等などとレースのハードさに勝るとも劣らない「朝7時~深夜2:30まで、車で700km」のタフな観光ツアーだったようです。ガイドさんが「トライアスリートはタフなはず」とかなりサービスしてくれたようです。それにしてもホントに楽しそうな写真ばかりですね!

1111211 1111212 1111213 1111214 1111215 1111216

| | コメント (2)
|

2011年11月20日 (日)

早川英里選手12位 横浜国際女子マラソン

  今年の1月からパーソナル・トレーニング指導している早川英里選手の第3回横浜国際女子マラソンのサポート&応援に行ってきました。 午後12時10分にスタートした今日のレースは、11月のとしてはかなり気温が高く25℃前後でのレースとなりました。ペースメーカーも途中で脱落してしまう程のタフなレースコンディション下で走った早川選手の成績は、2時間36分37秒で総合12位でした。

今回のレースでは、目標としていた先頭集団に入ってレースを組みたてる事はできませんでした。ただ先頭集団から離れてしまった後、女子マラソン故にひとりで走り続けなければならない精神的にも厳しいレース展開ながら、最後まで気持ちを集中して走ることができたのではなでしょうか。

 今大会のラップタイムを見ると、一人旅となった中盤は中弛みしたものの、レース終盤はタイムを上げてゴールしています。ちなみに35km~40kmまでの5kmのラップタイムは5番目、40km~のラスト2.195kmのラップタイムは優勝した木崎良子選手、2位の尾崎好美選手に続いて3番目の記録と、素晴らしい上がりでした。これは横浜大会に向けて、レース終盤での競り合いを想定して計画的に練習してきた成果だと思います。

今回のように国内外のトップ選手が参加する国際大会に積極的に参加することで、次のレースに向けての新しい目標や課題が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

今日はチームの仲間と応援したので、レース後は中華街で飲茶会議となりました!

1111201_2 1111201 1111204 11112051111206 4  

| | コメント (0)
|

2011年11月19日 (土)

明日号砲! 東西で国際マラソン大会

 明日の日曜日は、加圧トレーニング指導している早川英里選手が横浜国際女子マラソンに、51.5km世界選手権・日本代表の佐藤周平選手が神戸マラソンに出場します。

今朝、激励メールを佐藤さんに入れましたが、コンディションも上々のことでしょう。「自己ベスト更新は次のレースで!」と控えめなコメントながら、仲間の片又さんも大阪マラソンでベスト記録を更新しているので、モチベーションはかなり高くなっているハズです。最後までキッチリ走ってもらいたいと思います。

そして早川英里選手は、ポジションを確認しながら走った昨日の「刺激走」1km×1本を3分00秒で走りましたが、リズムが半年前と比べると素晴らしく安定してします。一緒に走ったので私も10数年ぶり?の3分ジャスト。あらためて動きづくりの大切さを認識しました。

周平さん&早川さんには長丁場の42kmを気持ちよく追いこんで、笑顔でフィニッシュしてもらいたいと思います。

 1111191 11091117

| | コメント (0)
|

2011年11月17日 (木)

ボジョレー・ヌーボー2011

 毎年、この時期になると今年のワインの出来栄え云々の話題がでてきますが。。。

今年は美味しいワインを友人から頂きました。解禁日当日に飲むからこそ価値があるとばかりに、早速、コルクを抜栓して今年の新酒を楽しませてもらいました。

ちなみにワインに関心を持つようになったのは、今から8年くらい前に、ランナーズ30周年記念パーティーで記念品に頂戴したニュージーランドのワインがとても美味しかったことからです。

1111171

| | コメント (0)
|

2011年11月16日 (水)

横浜国際女子&神戸マラソン&。。。

 今年の国内でのトライアスロン・シーズンは終わりを告げましたが、これからはデュアスロンやランニング大会に参加予定というトライアスリートも多いことと思います。

 今日の午前中は、今週末の横浜国際女子マラソンに出場する早川英里選手の調整練習を行いました。レース当日にスッキリとした気持ちでスタートラインに立てるように、フォームを崩さずにリズムよく走れるスピードで「やや長めの流し練習」1000m×3本をディセンディング的に行いました。1本目が3分13秒、2本目が3分08秒、3本目が3分04秒とタイムを徐々に上げて気分良く練習を切り上げることができました。今回は私も並走してペースをつくりながら走ったので、私の方が良い練習になった気がします。

午後からは浅草ROXでのパーソナル・トレーニング。早川選手と同じく今週末の神戸マラソンで自己記録更新を狙う佐藤周平さんは、トレッドミルでピッチを確認。かなり調子がよさそうです。また来年1月に初めての20kmロードにチャレンジするNさんも、完走に向けてマイペースでガンバっています。

そして夕方からは、トライアスロンスイムクラスの練習会でしたが、オフシーズンメニューとして楽しくリレーを行いました。3人一組の1200mリレーは相当に堪えたようで「楽しいというより、、かなりハードだった」ようです。昨日今日と気温も下がってきているので、風邪などにご注意ください。みなさん、お疲れ様でした!

1111161 11111621111167 1111166 1111163_3 1111168_2

| | コメント (0)
|

2011年11月13日 (日)

カーフマン ジャパン シーズン9

 今日は、2012年度の開幕イベントとなるカーフマン ジャパン デュアスロン・第1戦近畿ステージが、兵庫県のグリーンピア三木で開催されました。レースコンディションにも恵まれて、小学生のキッズクラスから上は60歳代までの参加者が、それぞれレースを満喫することができたと思います。

私もこの近畿ステージでの仕事は3回目となりますが、相棒!のキリヨさんが不在で、「ひとりしゃべり」でのMCとなりました。大会の進行は、基本的には大会プログラムに沿って進行していきますが、カーフマンではレース当日に急遽スタート順が変更になることも少なくないのですが、選手も進行役の私もその辺は慣れているので上手く対応しています。

今日のレースには、1週間前のロング世界選手権(米国ネバダ州)に参加したエイジ日本代表2選手の姿もありました。その2人は疲れ知らずのようで、共に表彰台に上がっていました。

またエリートのレースでは、男女ともにベテランと若手とがスピード感のあるレースを繰り広げていました。男子優勝は、森正選手。女子優勝は、世界選手権(北京大会)ジュニア部門に参加した高校1年生の松本文佳選手でした。

きょうは天候にも恵まれて、選手はもとより我々スタッフにとっても寒さを感じることなく、快適なレース運営日和でした。

1111131 1111128 1111135 1111134 1111137 1111136

| | コメント (3)
|

2011年11月12日 (土)

J-BEAT練習会報告

  ロングの世界トライアスロン選手権への日本代表選手引率も無事終了して、今日は2週間ぶりにチームJ-BEATの練習会でした。

参加メンバーの顔触れを考慮して、当初の練習内容を若干アレンジして、練習を開始。すでにトライアスロン・シーズンも終了しているので、ややマッタリ気味な練習になってしまいます。

それでもバイクの上り坂になると一気に加速していくあたりは、やはりトライアスリートですね。ちょっとハードでも仲間との練習での競り合いは楽しいものです。

練習途中でスタバを経由、しばしの歓談タイム。5月にJ-BEATに入会したAさんは、当初90kg以上あった体重を10kg以上落として現在81kg。最近では自宅まで片道約20kmの帰宅ランニングも行っているという集中ぶり。今日のバイク上り坂でも、さすが体育会系と思わせる急成長した姿を披露してくれました。 20数年ぶりとなる体重70kg台も目前のようです。まさにトライアスロンのお陰ですね。

 スタバ休憩後は、集合地点の多摩東公園の外周ラン。最初はゆっくり走っていましたが、仲間とペースを合わせて徐々にスピードアップして、気持ちよく追い込んだ練習ができました。仲間との週末練習は、やはり楽しいですね。

1111127 1111123_2 1111122_2 1111124_21111121_2 1111126

| | コメント (0)
|

2011年11月11日 (金)

冷たい雨の日の練習  ~早川英里選手~

 私がコア・コンディショニングと加圧トレーニングの指導をしている早川英里選手は、20日に開催される「横浜国際女子マラソン」に向けて順調にトレーニングが進んでいるようです。

 レースまでの9日間でできることは限られてきますが、20日のレース本番にピークをもっていくコンディショニングが最も重要です。今日は最高気温が12℃で雨模様という厳しい気象条件でしたが、ランニング動作を確認しながら20kmビルドアップ走を行いました。

 「冷たい雨で風邪をひいたらどうしよう」「寒そうで嫌だな」などと考えながら練習に入ると、気持ちがすでにネガティブな方向に動いているので、そういう姿勢が練習に影響するどころか、本当に風邪をひいてしまうかもしれません。

きょうはレース当日が冷たい雨になることも想定して、そのための準備をする大事なシュミレーションというポジティブな考え方で、練習に入りました。ウォームアップの後、+4分/kmのペースから入って徐々にペースアップ、最後はしっかり3分20秒/kmペースまで上げて走りました。

私は途中から寒さでブルブル震えていましたが、ゴム製の手袋&薄いビール袋を身にまとって走った早川選手は体幹が雨にぬれることなく、また寒さを感じることもなくしっかり走ることができたようです。当然ランニング・シューズはびしょ濡れですが、今日のような雨天&極寒での練習は、レースに向けて装備面ばかりでなく、メンタル面での準備にもなるはずです。

1111111_2 1111112

| | コメント (0)
|

2011年11月 9日 (水)

ロング世界選手権 日本選手の成績

 2011ITUロングディスタンス世界トライアスロン選手権の結果は、コチラから。

レース終了後に日本代表選手たちと色々と話をしましたが、大松沙央里&宮崎康子の両エリート選手もエイジグループ選手も「海外選手との実力差をいちばん感じたのはバイク」とのことでした。

ラスベガスの荒涼たる砂漠地帯の緩やかな上り坂をハイスピードでグイグイ踏み込んでいくための必須条件は、トルクをかけられる脚筋力=パワーです。男子トップ選手たちは、あのハードなバイクコース120kmを約3時間で走破しています。平均時速約40kmは、テクニックや回転力に頼っているだけでは、厳しいと思います。

世界選手権・初舞台でのレース結果はともかく、ロング世界選手権にチャレンジするという最初の一歩を踏み出してくれた日本代表選手団のメンバーのみなさんに敬意を表します。

 さて今夜は、浅草のROXビギンのトライアスロンスイム・クラスでした。世界選手権に参加した森さんも結果報告にきてくれました。指導終了後は、そのまま流れで反省会へと。。。エイジクラスでも世界の壁を感じたとのことで来年に再チャレンジを誓っていました。ちなみに帰国後に両腕に残っているレースナンバー(タトゥシール)を見た森さんのお子さんが一言「お父さんって、スゴイねぇ!」 間違いなく、これが一番のご褒美ですね。

1111092 1111091

| | コメント (4)
|

2011年11月 8日 (火)

早川英里選手 横浜国際女子マラソンまで12日 

 昨夜、世界選手権のチーム・マネージャーとしての日本代表選手のサポートを終えて、帰国しました。これで気が緩んでしまったのか、今朝から発熱していますdown 

 パーソナルトレーニング指導している早川英里選手のレースが近づいてきました。午前中は、ランニング時の動きやフォームをチェックしながら、5km走を2本行いました。1周=625mのコースを8周回で5kmですが、1周ごとに120mの上り坂があるので、5kmのうちトータルで約1kmが上り坂というマラソン後半のペース崩れ防止には最適のコースです。

きょうの5km×2本の平均心拍数は170近くまで上がるハードな練習内容でしたが、走るリズムも最後まで安定していて、いい動きができていました。そして午後は加圧トレーニングやコアコンディショニングも行い、一日の練習を終了しました。

私のパーソナルトレーンング指導は午後9時まで続きましたが、ちょっとふらつき気味ながらも、無事に切り抜けました。

1111081_2 1111072 1111084 1111083_2

| | コメント (0)
|

2011年11月 7日 (月)

チームジャパン 世界選手権 

 今回のロング世界選手権は、日本代表選手団として約40人という大所帯での参加となり、開催国であるアメリカの連盟役員の方々にもかなり歓迎して頂きました。

日本チームのツアーとして参加したほとんどの選手たちにとっては、ロサンゼルスーラスベガス間の移動が往復ともに、飛行機で1時間からバスでの5時間移動という長旅に変更され、レースのみならず、移動も含めて全工程がサバイバルな感じとなりました。

特に帰国時のスケジュールはハードなもので、ロングのレースを終えて、夜は表彰パーティがあり、翌日の夜中の3時にバスでロサンゼルスに向けて出発するという強行軍です。不思議なことに帰りも厳しいなと覚悟を決めていると、意外にも砂漠の荒野を眺めるバスの長旅も許容することができました。特に荒涼とした風景から昇ってくる朝日は、最高の眺めでした。

また表彰式終了後に日本選手団で行った打上げは、狭い部屋に30人も集まり窮屈だったかもしれませんが、それぞれの自己紹介あり、世界選手権に向けた思いやレースの話などが延々と続き、こちらもとても楽しい時間となりました。来年のロング世界選手権は、7月にスペインで開催されますが、この流れを来年にしっかりつなげていきたいと思います。

一緒に同行して頂いたオリンピアンである西内洋行アシスタント・マネージャーには、選手への細かいケアをして頂き、心より感謝しています。

Lwc37 Lwc41 Lwc36 Lwc40 Lwc38 Lwc39

| | コメント (0)
|

2011年11月 6日 (日)

世界選手権 トライアスロンがデュアスロンに!

 エリートの競技説明会では18℃と説明していた水温が、ウエルカムパーティー後のエイジクラスの競技説明会では17℃と水温が公表されていました。レイクラスベガスは淡水湖のため波や流れは少ないものの、昨日の雨で更に水温が低くなることが予想されるので、ウエットスーツ着用といってもかなりの冷たさを感じることになると思います。

 水温15℃台のレースに参加したことのある私のプロ選手時代の経験から、その厳しさを十分に認識していました。低水温下で泳いだ場合、エリート選手以外のエイジ選手たちは大丈夫か、万が一の時は勇気をもって自らレースを中断する判断ができるかどうかなど考えているうちに、昨夜は心配で浅い睡眠に留まってしまいました。

そしてレース当日の朝、スイム会場に向かう私の元に、すでにスイム会場から引き揚げてくる日本選手団のお一人から「スイムが中止になり、バイク&ランのデュアスロンに変更された」という報告を受けました。確認のため急いでスイム会場に向かうと、確かのようでした。水温が14℃、レース前の早朝とはいえ気温が5℃以下では仕方がないでしょうか。

レースの方は、レース#順に5秒づつのスタートになりました。スイムからの通常スタートの場合は、女性や50才以上の選手のウェーブスタートは早かったのですが、デュアスロンに変更になりレースナンバー順のスタートとなったため、エリートや若い選手が先にスタートし、女性や年齢が高い選手が最後にスタートする流れになるので、制限時間を考えると主催者にはもう少しスタート順を配慮して欲しかったですね。

 とても寒い、風も冷たい中でのデュアスロンとなりましたが、日本代表チ-ムのメンバーは、世界選手権をおおいに楽しんでくれたようです。バイクコースは景色がとても素晴らしかったようです。また難所「スリー・シスターズ」という3つ激坂も満喫し、往復7.5km×4周回のラン30kmでも、日本選手同士で声を掛け合いペースを落とさないようにして走ったようです。選手たちのフィニッシュ時の笑顔が、日本選手団として参加した今回の世界選手権のすべてを表現してくれているようです。

Lwc34 Lwc9 Lwc10 Lwc35 Lwc7 Lwc6 Lwc22 Lwc17Lwc23 Lwc24 Lwc26 Lwc20

| | コメント (0)
|

2011年11月 5日 (土)

世界選手権 レース準備

 昨日の長旅から一夜明け、今日は選手登録や一部コースチェック、ウエルカムパーティーなど選手にとっては、楽しいながらも忙しい一日となりました。

世界各国から選手たちが集まるのは、アイアンマン・世界選手権(ハワイ)などと一緒ですが、ITU国際トライアスロン連合主催のイベントのため、日本ナショナルチームとして統一されたユニフォームでエリート選手ンもエイジ選手もレースに臨みます。

競技説明会やウエルカムパーティを通じて、各国から集った選手たちとの交流をも深めながら、日本代表選手たちもテンションを少しずつ上げてきているようです。

2011longwc5_2 2011londwc6_2 Lwc31 201111034 Lwc33 Lwc32

| | コメント (0)
|

2011年11月 3日 (木)

ロング世界トライアスロン選手権 出発

 今月5日にネバダ州ヘンダーソンで開催されるロング世界トライアスロン選手権に向けて、約40名の日本代表選手と共に日本を出発しました。

私と元オリンピック日本代表選手の西内洋行氏の2人で、今回の世界選手権日本代表チームのチームマネージャー/アシスタントマネージャーとして同行し、選手のサポートをしてきます。

約40台というバイク輸送もあり、ロサンゼルスからラスベガス近郊のヘンダーソンまではバスの長旅に。長時間フライト後に約5時間のナイトバスツアーは、ちょっときつかったのですが添乗したガイドさんの案内などに助けられて、意外にも楽しく和やかな雰囲気でレース会場近くのホテルまで行くことができました。そうはいってもホテルに着いたのが現地時間の午前2時過ぎなので、早々にチェックインを済ませてお休みいただきました。明日、明後日と日本代表選手は最終調整です。いいレースをするためにも、しっかり準備していただきます! 余談ですがフリーウエイのガススタンドの売店で販売していたコーヒーの「エクストラ・カフェイン、エクストラ・フレーバー」がとても気にながらも、深夜ゆえに手が出ませんでした。

1111022 11110211111026 1111024 1111023 1111025

| | コメント (1)
|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »