« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

J-BEAT練習会報告

 今日のJ-BEAT練習会は、バイク&ランのクロストレーニングでした。

先週の城山湖往復は、淡々と一定のペースで往復する感じでしたが、今日は南大沢の1周約4・5kmの周回コースを使用して練習を行いました。

足が揃ったメンバーでの先頭交代しながらのペースライドは、単独走行では出来ない練習を行う事ができるので、とても有効な練習です。

夕方には、明日のカーフマン・デュアスロンチャンピオンシップ最終戦のため、長良川方面に移動しました。明日の最終戦で優勝するのは誰?

114301 1104305 1104304 1104302 1104306 110303

| | コメント (0)
|

2011年4月28日 (木)

小原太樹選手&早川英里選手

 今日は、プロ競輪の小原太樹選手と陸上長距離ランナー・早川英里選手のパーソナル指導でした。

小原選手は、S級に昇級してからやや足踏み状態が続いていましたが、このところ成績&小原選手自身の体調も上向き加減です。そろそろ決勝進出を願いたいところです。

ランナーの早川英里選手も、練習に対するモチベーションや集中力がここ数年の中でもかなり充実したレベルに上がっています。走りのバランスやリズムもとても良くなってきました。

二人のエリート選手の今シーズンの活躍に期待できそうです。

1104286 1104284 1104282 1104283

| | コメント (0)
|

2011年4月25日 (月)

五島長崎国際トライアスロン 

 一般公募により五島長崎国際トライアスロンの愛称がバラモンキングに決定していますが、地元五島で「勇敢な」「活発な」など元気のいいことを意味するバラモンですが、そのゆるキャラが今日の実行委員会に登場しました。

五島のイメージキャラクターは、「バラモンちゃん」のほか、五島にちなんだ「ごとりん」、五島椿をイメージした「つばきねこ」の3種類となっています。特に五島長崎大会に関わってくるのがこの大きなきぐるみのバラモンちゃんですが、おそらく中に入られているのは市役所職員だと思います。お疲れ様です。。。

さていよいよ石垣島、宮古島と2週連続でトライアスロン大会が開催されて、日本国内のトライアスロンシーズンもスタートしています。今年は、ご存じのように東日本大震災の発生により各方面に影響が出ています。

五島長崎大会でも、現在、長崎県県警の警察官や被災地支援スタッフが東北地方に数多く派遣されいることもあり、レースコースの保安スタッフを極力抑えるためのコース見直しがなされました。選手が走りやすく楽しめるコースづくりと省スタッフでもカバーできるコースづくりの二つの目的をクリアーしなくてはならず、地元の大会スタッフも終日コース見直しに追われていました。それでもスイムコースは、昨年実現できなかった新しいスイム・コースを使用します。波も比較的穏やかで護岸からの応援も楽しめるレイアウトになっています。

今日は、2001年から続いたアイアンマンジャパン実行委員会の解散、新たに発足した五島長崎国際トライアスロン大会実行委員会の総会と続きました。新たな一歩となる五島長崎大会の開催まであと1ヶ月半です。エントリーは今からでも間に合いますので、ぜひチャレンジしてください。

Cimg1525 Cimg1528 Cimg1536 Cimg1539

| | コメント (0)
|

2011年4月24日 (日)

宮古島&J-BEAT練習会

 今日のチームJ-BEAT練習会は、城山湖までのバイク往復40kmとランニングの複合トレーニングでした。先週の石垣島でトライアスロンデビューしたNさんは、今までフラットコースを中心に練習してきたので、城山湖までの上り坂は相当に楽しくもがいていました!? それにしても今日は気温/湿度ともにアウトドア・スポーツに最適なコンディションで、爽やかに気持ちよく練習することができました。

 また今日は7名のチームメンバーが宮古島トライアスロン大会で競技中とあって、全員の完走を願いつつ、レース経過をチェックしながらの練習となりました。宮古島大会に参加した皆さん、お疲れ様でした。

P4240928 P4240936 P4240938 P4240937

| | コメント (0)
|

2011年4月22日 (金)

5km 16分台

 今日は浅草のROXビギンで加圧トレーニングやコア・コンディショニング/動きづくりの指導をしている早川英里選手のランニングのお手伝いをしました。

 まず入念に5kmのウォームアップを行い、その後に5kmタイムトライアルを行いました。いつもは皇居の外周路で5kmのタイムを計測しているとのことでしたが、皇居のコースは起伏のメリハリがはっきりしているので、コツを掴むと結構良い記録がでる傾向にあります。それに比べると今日のコースは、私がプロ時代に5kmのタイムを計測していた単調でフラットなコースのため、ペースを維持し続けなくてはならず、かなりハードに感じたと思います。

 走りのイメージもかなり良くなってきましたが、15分台で走るにはもう少し時間がかかりそうです。初めて走るコースで淡々と走って16分台。日本のトライアスロン女子オリンピック代表の認定記録会のタイムとほぼ同じような記録です。我々トライアスリートから見ると16分台でもさすがという感じですが、マラソンでもっと上を目指すとなるとより一層の強化が必要でしょう。

その後J-BEATで使用する「デビル坂」にてランニングの上り坂の重点練習を実施しました。「デビル坂」という名前の由来は、チームの練習中に、この上り坂があまりにハードに感じたのか、あるメンバーが指導中の私に向かって「あなたはデビルだ!」と叫んだことがきっかけです。

自ら追い込んでいくタイプの早川選手でもご覧のとおり、デビル坂はかなりハードだったようです。このような起伏走的な練習も、からだの使い方を意識するのに適切な練習の一つだと思います。今後が益々楽しみです。

Cimg1521_3 Cimg1517_3 Cimg1519 Cimg1515

| | コメント (0)
|

2011年4月21日 (木)

世界選手権シリース シドニー大会収録

 2011年シーズンも既に開幕していますが、エリートレースの世界最高峰である世界選手権シリーズ第1戦・シドニー大会の収録を、本日行いました。

リード役はNHKの若手のホープである増田卓アナウンサーです。昨年に引き続いて今年も担当して頂いているので、トライアスロン情報も十分にお持ちです。シーズン初戦の収録とあって、私の方がやや手こずりました。

女子の崎本智子選手が5位、上田藍選手が7位と大健闘したWCS第1戦の模様は、4月30日(土)NHK・BS/1にて19:00~20:50に放送予定です。

P4210926

| | コメント (0)
|

2011年4月20日 (水)

エイジランキング 2011

 今日は午後から3人のトライアスリートの指導でした。一人は私の内科主治医のようなN先生、もう一人は昨年佐渡A優勝の新倉薫選手、そして今年の初戦・石垣島で好成績を上げた佐藤周平さん。佐藤さんはレースが終了してからまだ3日目ということもあり、今日はリカバリーメニューを中心に行いました。

石垣島の結果を見ると50才台以上の選手でも好成績を上げている選手は結構いるようです。 その方々の練習方法は佐藤さんとは異なるかもしれませんが、仕事に影響がないように無理なく楽しめる範囲でトレーニングを行っているはずだと思います。コンスタントに練習を継続していくには、年齢と共に適度な練習を行うことがポイントになってきます。

石垣島大会終了と共に、各エイジグループのJTU エイジランキングもスタートしました。チームJ-BEATの佐藤周平さんは、55-59才のトップに。北京大会に向けて順調な滑り出しです。

「イエス!アイ アム ア チャンピオン!」

Photo

| | コメント (0)
|

2011年4月19日 (火)

156sm/49kg ~女子優勝リベロスディアス選手~

 本日、5月14日~15日に開催される予定だった2011世界選手権シリーズ横浜大会の日程が変更になるという発表がありました。

 石垣島入りした先週15日(金)の午前中に、渋谷のNHKに伺って横浜大会の実況体制について色々と打合せをしてきたので、残念な気持ちもあります。ただロンドンオリンピックに向けた代表選考に関係するポイントが絡んでくるだけに、日本への出国許可がおりそうにない国もあるという状況を聞くと仕方がないのかなとも思います。

J-BEATからも多くのエイジグループ選手がエントリーしていただけに、思いは同じでしょう。 5月開催の横浜大会に向けて周到に準備してきた実行委員会や大会関係者の複雑な思いは、我々には計り知れないものがあるでしょう。

 さて話は変わってトレーニングの話になりますが、先日の石垣島大会で優勝したチリのリベロス・ディアス選手(24才)は、身長156cm、体重49kgと小柄ながら、現在世界ランク2位と素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。

勝負を決したランニングフォームにも素晴らしい安定感と力強さがあります。レース後にトレーニングについてちょっとお話をしましたが、ウエイトトレーニングは行わない代わりに、動きづくりに関連するドリルを取り入れているとのことでした。筋肉がつけば良い、筋力アップすれば良いということではなく、カラダが自分のイメージ通りに動かせる・反応するようにすることが肝心です。

 トレーニングに関しては、選手それぞれのパフォーマンスレベルや資質・競技の経験年数などによる影響など様々な要因があるので並列的に語ることはできませんが、効率的な動きづくりはとても重要です。先日のシドニー大会で日本人トップの5位に入った崎本智子選手を最近まで指導していた日本食研の相沢義和ランニング担当コーチと石垣島で話す機会がありましたが、やはり同じようなことを指摘されていました。昨年、崎本選手が日本選手権で優勝した時のランニングフォームを見て感じましたが、相当にコア・トレーニングを行っているようです。

 ランナーやトライアスリートへの指導もそのあたりが、大きなポイントでしょう。ランナーの早川英里選手も気持ちを切り替えて、夏のレースに向けて前向きに練習に取り組んでいます。

Cimg14411 Cimg0050

| | コメント (0)
|

2011年4月18日 (月)

石垣島トライアスロン

 本日、石垣島から東京に戻ってきました。昨日の一般選手が参加する石垣島トライアスロン、世界のトップ選手が集結した石垣ワールドカップはともに盛り上がりを見せました。

 午前中に行われた一般部門には個人、リレーの部合わせて1500人以上が参加しました。J-BEATから参加した4人も無事フィニッシュしました。なかでも9月開催の世界選手権シリーズGF北京大会に照準を絞っている佐藤周平さんは、55-59才クラスで見事1位になり、下の写真のような笑顔。初トライアスロンとなった長岡さんも3時間を切る好タイムで、余裕のフィニッシュでした。(自分のトランジョションエリアにたどり着いてから着替え終わるまでに4分30秒と、これは改善の余地ありです)

 さて世界のエリートが競い合ったワールドカップ石垣島大会ですが、昨年は男女ともに2名が表彰台に上がりましたが、今回は庭田清美選手のみと厳しい結果となりました。女子で今回優勝したチリのリベロス・ディアス選手はかなり小柄な選手ですが体の動かし方が効率的で素晴らしい走りを披露してくれました。

そして昨年のように優勝には手が届かなかったものの3位に入った庭田選手が、ランの終盤でほんとギリギリで3位に上がったメンタル面の強さ/集中力には感服しました。ここ1番というときの力強さは他の選手にとっても参考になると思います。

ワールドカップ記録/エイジグループ記録

Call55ma Cimg1407_2 Cimg1404 Cimg14931 Cimg1453 Cimg1463 Cimg1449 Cimg1492 Cimg1425

| | コメント (0)
|

2011年4月16日 (土)

初トライアスロン  石垣島

 昨夜、石垣島に入りました。南国沖縄ですから暖かいのは当然ですが、例年以上に湿度が高く蒸し暑い感じです。今日は正午から海外選手の記者会見→日本ナショナルチームの選手記者会見、そして報道関係者への取材説明があり、明日のテレビ解説とは別に、JTU広報委員として進行役を担当しました。来年はもうロンドンオリンピックということで、取材する側である報道関係者の質問にも熱気が感じられます。

 海外組では元世界チャンピオンのイワン・ラーニャ選手(スペイン)や世界選手権シリーズで表彰台に上がっているヘレン・ジェンキンス、バルバラ・リベロスディアス選手(チリ)など6選手が出席。日本ナショナルチームは、昨年の中国広州で開催されたアジア競技大会で金メダルを獲得した足立真梨子選手、細田雄一選手、同銀メダリストの土橋茜子選手が出席。それぞれ明日の石垣島ワールドカップに向けた抱負を語ってくれました。

明日のレースには、ワールドカップに参加する世界の代表約120人とは別に一般のエイジグループ選手が1500名以上参加します。チームJ-BEATからも4名が参加します。そのうちの一人であるNさんは、初トライアスロンということもありやや緊張しながら石垣島に入ってきました。10kmロードレース、東京マラソン、そしてトライアスロン初チャレンジですから大躍進でしょう。

明日の初トライアスロンに向けて、忘れ物をしないようにホテルのベッドの上に並べられたレースグッズを眺めていると、私の淡い記憶の中にある何となく落ち着かないレース前日のドキドキ感を思いだします。

Cimg1382 Cimg1373 Cimg1391 Cimg1399_2

| | コメント (0)
|

2011年4月14日 (木)

早川英里選手 2時間30分切りを目指して

 日本人選手として初のホノルルマラソン優勝を飾り、2時間28分台の好記録を持ちながら、このところ記録がやや停滞気味だった早川英里選手ですが、調子が順調に上がってきているようです。

 私が早川選手のパーソナルトレーニングを開始したのが1月末ですから、約3カ月が経過しました。初めのころは体のバランスが大きく崩れていましたが最近では筋力も向上し、左右のバランスも整ってきました。

そして何よりも運動中の安定した動きづくりをするために最も重要な体幹の軸も、インナーユニットの安定と強化で目を見張るものがあります。

エリート選手のトレーニングはかなりハードですが心技体と整えて、大きな目標に向かってがんばっています。

Cimg1370_3

| | コメント (0)
|

2011年4月13日 (水)

石垣島大会に向けて

 いよいよ今週末から沖縄の石垣島で国内のトライアスロンが開幕します。

ワールドカップに出場する選手は地震の影響が心配されましたが、国内選手を含めて男子が70名+、女子も50名+と例年以上のエントリーです。

 残念ながら開催の中止や延期となっているスポーツイベントもありますが、被災地の一日も早い復旧復興を願いながら、今年の石垣島大会が開催されます。

 今年は一般部門に1500名以上の選手が参加するメガイベントになりましたが、チームJ-BEATからも4名の選手が参加します。加圧トレーニングを取り入れながら初トライアスロン出場に燃えるNさん、エイジランキング優勝→世界選手権出場を目指すSさんと最後の調整に余念がありません。

また来週は宮古島大会も控えており、夜のトライアスロン・スイムにも多くの会員が集まりました。

Cimg1347 Cimg1352_2 Cimg1359 Cimg1363

| | コメント (0)
|

2011年4月11日 (月)

東日本大地震から1ヶ月

 東日本大地震からちょうど1ヶ月が経過した今日、東京でも大きな揺れを感じる余震がありました。原発の処理作業も依然として厳しい状況が続いているようで、心配な日々がまだまだ続きそうです。

 今日のパーソナルトレーニングで指導した競輪S級の小原太樹選手も、大地震の影響を受けた一人です。地震の当日は、静岡競輪で初日が開催中で小原選手も競争を行ったようですが、競争終了後に地震が発生して2日目以降は当然、開催が自粛となりました。レース日程が決まらないと練習にも身が入らなくなりそうですが、それでも小原選手はコツコツとトレーニングを積んできました。

 そして地震発生から1ヶ月経過した4月から関東以北で開催予定のレースを、関西などの開催地に振り替えて開催していくようです。今週末は小原選手も、だんじり祭りで有名な岸和田で開催される「被災地支援競輪G3in岸和田」に出走するようです。このところ小原選手のコンディションも上り調子です。がんばろう日本。がんばれ小原太樹!

Cimg1337 Cimg1339

| | コメント (0)
|

2011年4月10日 (日)

崎本智子5位 世界選手権シドニー大会

 今日は桜が満開で、時おりパラパラっと桜吹雪が舞うなかで気持ちよくバイクに乗ることができました。私自身、練習をしばらく休んでいたので約2カ月ぶりのバイクでした。プロ時代で言えばオフの間の練習成果がこれから試されるわけですから、レースシーズン直前の心地よい緊張感と期待感をもってバイクに乗るこの時期が気に入っています。

さて2011年の世界選手権シリーズ第1戦が、オーストラリアのシドニーで行われました。来年にはロンドン・オリンピックが控えていることもあり、選手たちはオリンピック選考を意識してこの1年を競っていくことになります。

 世界のトップは!日本代表選手たちは、シドニー大会でどんなレースをしたのか!レースをライヴ中継で見ていましたが、男女ともに見応えのあるレース内容でした。女子はリベロスディアス(チリ)とフィンドリー(カナダ)という昨年のニューヒロイン同士の競り合いに。男子はスペインのゴメスが、バイクで(雨で濡れた路面の影響で)スリップして落車しながらも、そこから単独で猛追して逆転優勝。ゴメスが必死にブラウンリー兄弟を追い上げていく気迫は、素晴らしかったです。

 そして日本選手ですが、女子では不運な落車に巻き込まれたりという残念な面もありましたが、昨年の日本選手権の覇者である崎本智子選手がランで一時トップに立つなど積極的なレース運びで総合5位、上田藍選手もランで粘り7位に入り、存在感を示してくれました。日本選手の活躍は、ライブ中継を見ていても力が入りますね。

これ以上の詳しいレース内容は、このあとNHK/BSで放送される同大会をお楽しみに!

P4100915 P4100917_2 P4100919 P4100925_2

| | コメント (2)
|

2011年4月 9日 (土)

2011 トライアスロン世界選手権シリーズ

明日10日のオーストラリア・シドニー大会から、トライアスロンの世界選手権シリーズがスタートします。

2011年シーズンは昨年同様に全7戦で、今年の世界チャンピオンを決定します。

また選手にとっては、来年のロンドンオリンピックを目標にした熱い代表選考争いも繰り広げられます。

その第1戦は昨年と同じく、シドニー大会。昨年はこの初戦で足立真梨子選手が、素晴らしいレースを展開し、総合4位と大活躍し日本勢の牽引役となりました。

このシーズン初戦の模様は、インターネットでライヴ中継されます。がんばれ ニッポン!

P7260467

| | コメント (0)
|

2011年4月 3日 (日)

トライアスロン シーズン・イン

 4月の初回のJ-BEAT練習会は、奥多摩方面へのロングライドでした。

今月は、石垣島大会、宮古島大会と南国地方から、トライアスロンがスタートします。

東日本大震災の影響もあり、例年以上に年度末&年度初めの業務が多忙なはずですが、メンバーの皆さんも今日は楽しく練習に打ち込んでいました。

奥多摩名物の「ちとせや」のうの花ドーナツも格別の美味しさでした。

Cimg1251 Cimg1277 Cimg1287 Cimg1288 Cimg1285 Cimg1284Cimg1278 Cimg1283 

| | コメント (0)
|

2011年4月 1日 (金)

新年度がスタート

 4月に入り、春の花も見ごろを迎えています。例年だとお花見のシーズンで賑わう「お花見スポット」も今年は控えめで、静かな春の様相です。

被災地や被災された方々には、はまだまだ厳しい状況が続きますが、一日も早く平穏を取り戻せることを願うばかりです。

Cimg1294 Cimg1293_2 Cimg1309 Cimg1295

| | コメント (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »