« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

大晦日

 今年一年も、残すところわとわずか。何とか大きな病気もなく健康に過ごすことができた。加圧トレーニングの実践と指導をしている効果で、今年最後の計量!が70・5kg。体脂肪率で言えば約10%。 6月の減量宣言時の体重が78.8kgなので、実に8kgのマイナス。プロ・トライアスリート時代も含めて、過去10数年間、忘年会シーズンをこなして年末にもかかわらず体重がこんなに少なかったことは無い。シーズンオフに入ると練習量が少なくなるのに食欲は変わらないから大体75kg前後まで簡単に上昇していた。今でも食べる時は一杯食べるし、飲む時は飲む!で、夕食も深夜11時過ぎのことが多いのだが、うまくリズムを調整できるようになったのだと思う。加圧トレーニングのお客様にもシェイプアップやダイエット目的のお客様が結構いらっしゃるので、自己体験をもとに分かりやすく説明をすることができる。来年も自ら健康第一に取り組んでいきたい。

|
|

2006年12月30日 (土)

東京マラソン・コース試走

Pict9616 Pict9621 Pict9624 Pict9631  昨夜のスイム納会に続き、今日は来年2月18日に開催される東京マラソン2007のコースに沿って42キロ!を走った。大都市・東京での一般市民も参加できるフルマラソン大会という事で、応募が殺到して参加者3万人のところ3倍以上の応募があったとのことだ。その2月のレースに先がけてチームスタッフや実際に東京マラソンに参加するメンバー、来年の東京国際女子マラソンに出場するメンバーで走ってきた。都庁前を午前7時30分に出発して、ゆっくりペースで飯田橋を経由して皇居前を通過、日比谷公園からは品川駅までの片道5キロを往復して、今度は銀座4丁目の交差点から浅草雷門までの片道7kmを往復してまた銀座4丁目へ。この時点で約35k。ゆっくりペースながら参加メンバーそれぞれが、徐々に疲労を感じ始める。最後の7キロは暮れで賑わう築地市場を通過したあとは、風景も単調になりがちでより疲労を感じたが無事に42km完走。東京マラソンのコースの完走はまさに自力「はとバス・コース」 来年は、ぜひチームメンバーにも呼びかけて走りたい。

|
|

2006年12月29日 (金)

水泳納会

Pict9613 Pict9611  私が週2回「トライアスロン・スイム」の指導しているスポーツクラブで恒例のスイム納会が行われた。「トライアスロン・スイム」の参加者は、エリート選手ではなくて、一般のトライアスロン愛好家やスイマーが中心で、年齢層も20才代~60才代と参加者の幅も広い。いつもは2000mから泳ぐコースでも3500m位だ。そこで一年の最後くらいは選手並みに泳いでみようという事で、このチャレンジ企画が数年前に始まった。この納会スイムに初めて参加するビギナーコースの方は、少々不安気味に泳ぎだすのだが、それでも最後まで完泳してしまう。合計で約5000m。これが大きな自信につながると思う。「何事もまずはチャレンジ!」自分にもそう言い聞かせながら、一緒に泳いだ。

|
|

2006年12月24日 (日)

クリスマス・イブ

 2006年のクリスマスイブは日曜日とあって、繁華街は例年以上に賑わうことだろう。また今日はG1最終レースの有馬記念もあるので競馬ファンにとっては「ディープインパクト最後の走り」を見届ける一日になるのだろう。 それぞれのクリスマスを前にチームJ-BEATとして今年最後の練習会。やはりクリスマスのためか参加メンバーは少なかったがバイク&ランで今年最後のチーム練習会を締め括った。Pict9596

|
|

2006年12月23日 (土)

今年最後のバイク練習

Pict9587 Pict9592 2006年最後のチームライド。12月になると寒さも厳しくなり、練習に出かけるのも気合が必要だが、仲間が揃うと楽しく練習を行うことが出来る。一人での練習は集中して行得る半面、単調になりがちだ。その点、チームライドは、登り坂でさえも駆け引きがあったりで苦しさを楽しさに置き換えて練習することが出来る。来シーズンに向けて練習を開始したメンバー、まだオフシーズン中のコンディション維持のメンバーなど目的は様々だが、肌を刺すような冷たさの中で今年最後のチームライドを楽しんだ。

|
|

2006年12月17日 (日)

忘年駅伝

Pict9547 Pict9579 昨年から参加している12月恒例の忘年駅伝にチームJ-BEATで参加してきた。水泳指導しているROXの混成チームと合わせて、6チームがエントリー。皇居1周5kmのコースを1区から4区まで4人が各1周ずつ走る合計20km。今回は私が選手時代、ハワイや青森合宿でトレーニングパートナーとして一緒に練習した強豪トライアスリートの松下篤史選手が大阪から参加。私が一緒に走ろうと呼びかけての参加で、同じ1区で競り合う予定だった。しかし結果「今日は楽勝でした!」と松下選手に言わせてしまう形となってしまった。自爆。私の「鼻息が荒すぎた」のかスタートから先頭グループに着いて行ってしまい、スタート直後は3位で気分よく、その後も先頭集団で。「速過ぎた!」と思ったのはまだ序盤の2キロ地点。そこからが長い上り坂が始まるのだが急失速、苦しくて苦しくて、登り坂の途中で抜かれた松下選手に付いて行く気力も無し。最後まで走りきれてよかったというのが本当の気持ちだ。一度先頭集団に付いて行ってみたかったのだが、今日の先頭は5km15分で走ったようなので、私には無謀だったようだ。だから17分20秒台でも大満足だ。この日のメインイベントは駅伝だが、大人の集まりなので、その後のビアホールでの宴会もレース後のお楽しみの一つだ。レースを振り返りながら、昼間から生ビールという贅沢な時間を楽しんだ。

|
|

2006年12月 3日 (日)

チーム忘年会

Photo_5 Photo_8 今日は、夕方からチームの忘年会を開いた。30名!を越えるメンバーが集り、いいレースができたメンバーのレース報告や、忙しくて練習会に参加できなかったメンバーなどの近況報告を聞いたりしながら、楽しい時間を過ごすことができた。1次会のあとは、いつものように2次会♪へと続いた。

|
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »